« 広く 浅く | トップページ | 親の心・・・親知らず? »

2005年12月 6日 (火)

大は小を兼ねないのだ

日曜でもないのに日曜大工を強いられた火曜日。

近くのDIY店へ足を伸ばす。木材を購入するに当たり製作物の設計図を頭の中で描きつつ材料を物色していた。

うーん。暗算が出来ない。頭の中は既に記憶中枢が破壊されつつあり、すかさず携帯を取り出し計算機機能を駆使する。

世の中、便利になったものだ。写真も撮れたりする。あの材料の価格は?そうそう携帯のカメラに記憶させる。これで2、3件のDIY店を回ってもとりあえず価格の見極めに事欠かない。

そんなことしながら材料を買い込み、工作室を拝借しつつ電動のこぎりで材料をカットした。そこまでは良かった。頭の中で描いた設計図の誤りに気づいたのは帰宅後だった。

ちよっと寸法が・・・。まぁ少し切れば良いか!寸足らずでなくて良かった。しかし我が家にはのこぎりが無い。「のこぎり買うよ」間髪入れず女房が「小さいのあったじゃない」・・・「あーあれは金のこだから木は切れないのよーん」 女房いわく「固いの切れて木が切れないわけ無いじゃない!!」

説明するのもめんどくさい。大は小を兼ねないこともあるのにね。

|
|

« 広く 浅く | トップページ | 親の心・・・親知らず? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157712/7497346

この記事へのトラックバック一覧です: 大は小を兼ねないのだ:

« 広く 浅く | トップページ | 親の心・・・親知らず? »