« 猫に小判かも? | トップページ | 白鳥の飛翔 »

2006年1月14日 (土)

ナイトセーリングが終る頃

朝日が昇る前の薄明の中、海鳥達が飛び交うようになる。

かなりの低空飛行だ。波と波の間をすり抜け、翼端を海面に擦るほどに体を傾ける。

人間には到底不可能な超低空高速飛行をしばし眺めていると北東の空に太陽が昇った。にわかに良い風が吹いてきた。穏やかな海面には太陽の光が反射し、海が語り掛けているようにも見える。

朝だ。

今日も一日、海が荒れないようにネプチューンに祈る。船は目的地に向け進路を変えた。

約5ノットで行く船の航跡は船尾のはるか遠くまで長く広がっていた。

|
|

« 猫に小判かも? | トップページ | 白鳥の飛翔 »

スポーツ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157712/8158160

この記事へのトラックバック一覧です: ナイトセーリングが終る頃:

« 猫に小判かも? | トップページ | 白鳥の飛翔 »