« 当たった!当たった! | トップページ | 極寒の夜 »

2006年2月 3日 (金)

大雪の日

テールランプの列が続く。片やヘッドライトの列が続く。
上下線共に大渋滞だ。

にわかに降り出した雪は止むことを忘れ、辺りはいつの間にか銀世界と化している。こんな時の移動手段は犬そりかサンタのトナカイが引くそりが良い。
四輪駆動の犬たちが10頭集まるとキャタピラーをしのぐ性能にパワーアップするだろう。
そうそう、こんな雪の日は戦車での移動だったら完璧だ。

なんて馬鹿な事を考えながら4階の窓から車道を眺めていた。
早く帰ろうと思ってもこの渋滞じゃあ運転も億劫になる。でも帰らないといけない。

車に乗り込み覚悟を決める。

走り出すと圧雪の湿った雪の固まりが轍を作っていた。走るたびに振動が伝わる。まるでマッサージチェアにでも腰かけているかのようだ。肩こりがほぐれるかと思いきや、逆に肩がこる。・・・しかし、前に進まない。

30分も経つのにたった2キロしか走っていない。家にたどり着くまで暫くかかりそうだ。

こんな日もあるなと思いつつハンドルを握る。

|
|

« 当たった!当たった! | トップページ | 極寒の夜 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157712/8486655

この記事へのトラックバック一覧です: 大雪の日:

« 当たった!当たった! | トップページ | 極寒の夜 »