« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月23日 (木)

またまた日帰り温泉

お風呂開場までちょっと時間がある。

躊躇していると中居さんの一人が時間前でも入れるから大丈夫!と言うものだから、休憩室から早々と浴場に出向いた。

浴場に着いたら、な、なんと掃除中で11時まで入れないと看板が出ている出はないか!あと40分もある。しょうがないから椅子に座って待つことにした。

「今日は日帰りのお客さんが多いから早めに行っても入れますから!」と言っていたのに。

お風呂担当者はマニュアル通りなのだろう。なんとコミニュケーションが無く融通のきかないホテルなんだと思った。

まぁ、ルールに則るのが正論か!青い暖簾に殿方と書いてある。片や赤い暖簾に「おんながた」いや違うよね。歌舞伎ではあるまいし。「ご婦人」と書いてあった。

「お待たせしました。」やれやれ開湯だ。

一番乗りで湯に浸かったのは言うまでも無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年3月10日 (金)

猫の行動範囲

聞くところによると、半径500メートルそこそこだと聞いていた。

我が愛猫も散歩に出掛けるがそんなに遠くまで行かないと信じていた。

時にねずみやスズメを捕えて帰ってくることがあるが、裏の畑で狩りをしているのだと勝手に思っていた。

近場に遊び場があって幸せな猫だと安心していた。

いつものようにハナコは朝早くから出掛けていた。

そんなある日、女房と車で出掛けた。暫くたんぼに接した道路を走り、こんな天気の良い日は猫はひなたぼっこしてるんだろう。と話していた。

そんな時、我が目を疑った「う、うりぼーだ」ハナコの頭は後ろから見るといのししの子供の頭の模様にそっくりなのです。

ハナコがいたのだ。「うっそー」女房が感嘆の声を上げ、背筋に寒気を覚えた。

オドメーターは家からゆうに1キロメートル以上を指していた。猫の行動範囲は・・・。

僕らだってこんな所まで歩いて来たくない。人間でも遠いと思う距離である。

車をUターンさせハナコを家に戻した。でもまたすぐに出掛けるんだろうな?

あーっ、あんな所まで歩いていくとは、信じられん事実だ。

家に帰ったらやっぱりハナコは出掛けていた。

夜8時を回った頃に帰ってくるなり、ミルクを少し飲み、レトルトの夕食を食べたらさっさと寝てしまった。
その日の夜は一歩も外に出ず、ぐっすり眠っていたようだ。さすがに疲れたのだろう。

子の行動、知らずは親ばかりなり。だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年3月 7日 (火)

空。飛びたい・・・

無性に飛行機を見たくなった。

空への憧れの矛先が今回は旅客機に向けられたのだ。

滑走路の端にある誘導灯の列が並ぶ真下に一般道が走っている。

この道路から少し外れたところにランディングまたはテイクオフする飛行機を真下から見ることの出来る駐車場がある。

今回はそこに陣取った。まだ、春の気配薄い3月の始め、外で待つのはちょっと寒い。車の中で待つことしばし、「来た~ぁ」遠くに機影を発見。

早速車の外に出てカメラを構える。

来た来た。南よりの風が吹いているせいだろう。機体は少し南にシフトしたまま、斜めに侵入してくる。すごい。横滑りで進入して来るのだ。その後徐々に降下しながらタッチダウン寸前には滑走路に平行になっている。なんというテクニックなんだとしばしぼぉーっと眺めていた。

写真?はい、撮りました。真正面からのショットはさすがに迫力があります。air-p

「空、飛びたい!」と更に強く思った一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »