« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月30日 (日)

着いたところは。。

途中多少揺れはしたものの機内サービスも無事終り狭いエコノミーの椅子からずれ落ちもせず、夕食なるものを食して間もなく、朝食を出され(おなかいっぱいだよ)残ったパンをポケットにいれ、7時間30分の飛行は無事終了した。

Pink 着いたのはここです。
あー眠い!睡眠不足は初日から二日目の午前中を夢うつつのまま終わった。
朝からかなりうるさい!見るとホテルの隣で建て替え工事中だ!ついてない。
何かとついてない事の多い渡航である。

初めから飛ばし過ぎた。結構食べたり飲んだり買ったりしていた。

おー金がない。
今日から食事制限に入る。南国に来たせいか気が緩んだ上、財布の紐も緩んだようだ。

女房がイルカに触りたいというので、イルカと遊ぶ(遊ばれる?)ツアーを申し込む。

朝、10時のお迎えが来た。現地に着くまでの道すがら、海沿いの道路を軽快に走る。おっ、鯨が潮を吹いた。マカプウ岬近くを走行中の時だった。ザトウ鯨の見納めの頃だという。

さて、現地に着いた。

早速チェックインしイルカの居るおっきな池に向かった。参加者の人数に驚いた!案内には10名限定なので早めに申し込むようにと急かしていたが、なんとざっと数えても40人は居る。Dolphin

1ランク上のアトラクションも同じ池で行うようだかこちらも40人は居るようだ。

イルカたちがジャンプして出迎えてくれる。輪になって待つ参加者の内側を背泳しながら泳ぎ回る、人々はイルカのお腹に触っている。尻尾で水面を叩いたり、あっちとこっちのアトラクションを掛け持ちしているイルカもいる。

Dolphin2 女房にチューしてくれたりしている。なんともおりこうなイルカたちだ。ペットにしたいと思ったのは僕だけだろうか?このイルカたちを見ているだけで不思議と微笑んでしまう。

ホントだったら狭いプールではなくあの紺碧の海で自由に泳ぎたいだろうな?と思った。

何が幸せなのだろう。自由?

でもここに居ればご飯の心配は要らない。

でも、いつかは大海で自由に生きたいと思うのではないだろうか?賢いイルカたちは考えているかも知れない。そんな事を考えていたらアトラクションが終了の時を迎えた。
その後、昼飯を食べイルカやアシカやペンギンのショーを見てちょっと疑問を残しながらこの場を後にした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年4月29日 (土)

いつだったか!空を飛んだ。

国内線を待った。風の強い日だった。

搭乗予定の折り返し機が到着したのが見えた。搭乗時刻10分前になってアナウンスがあった。保安整備がなんとかで10分遅れると言っている。さらに10分が過ぎた。さらに5分が過ぎ搭乗時刻となる。ちっちゃい飛行機なので離れた所に駐機している。そこまでバスで移動だ。あれれ~!乗るべき飛行機を横に見てバスは反対方向に走り出した。なんと言うことだ!飛行場の西の外れから東の外れまでバスは移動した。

Air1 あった!同型機だ。何事も無かったかのように乗り込んだ。機内アナウンスが流れた。機体変更のため出発が遅れたと詫びている。まぁ、壊れた機体に乗せられなかったので良しとしょう。
離陸のためタキシングし滑走路に向かい、すぐさま離陸が始まった。「早い!」体が革製のシートに押さえ付けられる、そして間もなく機体が宙に浮く。これまた、大型機の半分位の離陸距離か?

Air2 左に旋回しだした直後まるで車が縁石に乗り上げたようなバウンドを感じた。機内には一瞬ざわめきが起こった。そこにタイミングよく機内アナウンスが流れた。「上空の気流が悪く…」らしい。暫くして機体は安定し機内サービスが始まった。さすがに飛行時間も短いだけあって飲み物のおまけが付いただけ。

成田に着いた。これから国際線に乗り換えだ。しかし、待ち時間が4時間もある。それでも新幹線を使うのは嫌だと言う女房のリクエストだから仕方がない。
暇である。夕食時間でもあったので何か食べようかと言うことになり、ゆっくりすわって居られそうな寿司屋に入った。さぁーてどれにしょうかと思い、一番安いのを捜していた。「お決まりですか?」店員が急かす。そうそうお決まりの安いやつ。
ゆっくりしようと思っていたがままならずだった。

しょうがないので出国手続きに向かう。チン!何故か探知機が反応した。靴を脱がされ再度探知機を通過した。チン!まただ?…なんだろう?あーベルトのバックル!ベルトを外して再再度探知機へ、セーフだった。やれやれズボンが落ちなくて良かった。

冗談はさて置き、暇な時間は冗談ではない。あと2時間もある。そうだマイルレコーダーでマイルを登録しよう。多少捜したらあったので早速マイルたまるカードと搭乗券を機械に入れた。OK!では女房のも…な、なにぃ~!搭乗券が出て来ない。引っ掛かったのだ!説明画面には係り員をお呼びくださいと表示された。係り員!周りには誰も居ない。反対側に人影があったので行ってみたら他社の社員だったが事情を話したら連絡してくれた。待つこと30分と少し、機械に食われた搭乗券が手元に戻った。一時はどうなることかと、とても心臓に悪かった。

恐怖の4時間が過ぎ搭乗した。
そして定刻に離陸した。しかし、やっぱり気流が…(>_<)
でも、今日一日で二度も飛行機に乗れて満足\(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年4月27日 (木)

海を見ていない

何に夢中になっていたのか!

菜の花が咲き、桜が咲いた。もう春の真っ只中ではないか。

気が付けば大型連休を控え、休めない自分には関係ないことだと思いつつ通勤電車はすいてるだろうな。なんて考えたりする。

しばらくの間、山篭りしていたせいもあり、このところ海を見ていない。電車の車窓から遠くに見える海が唯一の海の景色だ。そろそろ潮風に当たりたいと体が言っているのを感じる今日この頃。でも、今は船を上架しているところなので海には出れない。せめて潮風を当たりに海辺に行こうかと思う。

そうそう、お空では30個にも分裂した彗星が見えるという。このゴールデンウィーク中が見ごろらしい。でも肉眼で見えるのはほんの数個しかなく。望遠鏡の出番になりそう。いい天気に恵まれればいいのだが、今日は曇っている。

さて今年のGWはどんな天気になることか?

それにしても、海が見たい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年4月 5日 (水)

ハンティングの季節

今月になってもう何匹目だろう。。。

ハナコは毎晩ハンティングに出掛ける。多少の雨は気にしないようだ。

夜な夜な出かけては獲物を持ち帰る。気が付くとお召し上がり後だったりする。気が付けば取り上げて葬るのだが、ハナコには野生の血が濃く流れているのかも知れない。

カリカリやレトルトのお食事よりも新鮮な捕れたてをお好みのようだ。でも毎日の外食はやめてほしいと思う。後片付けは僕の仕事になるから・・・。

でも、よくもまぁ地を這う獲物から、空を舞う獲物まで捕らえられるものだと関心する。

ハンティングが終わり帰宅すると、自分のベットでオヤスミタイムに入る。そんな寝顔はかわいいのだが!Hanako1

今夜もハンティングに出かけるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年4月 1日 (土)

海で遊んできました。

久しぶり。と言うより今年初めてのクルージングに出掛けました。

Per2_1 天気は上々でしたがまだ、海水温が低いせいか寒い春の海。。でした・・・  いつものことです。ウミネコにえさを与えます。定番の「えびせん」をとりあえず一個、投げ上げる。どこからともなく一羽目のウミネコがやってきます。

その後は二羽、三羽とどんどん増え続けます。気が付くと周りはウミネコの大群で埋め尽くされ、慣れたウミネコなどは指先につまんだ「えびせん」を直接持って行きます。すごいです。

慣れた猫状態ですがげんきんなものでえさがなくなると「スーッと」飛び去っていきます。ペットにはなり得ないなと思う一瞬です。Umineko3

さて、うみねこ餌付けツアーはおしまいにして、まじめにセールを展開することにした。

いい風が入ってきた。ヨットはかなりヒールしながら走り出した。しかしちょっと強すぎる春風となったので、ジブセールをリーフした。

暫くぶりのセーリングとなり、一同満足!約4時間の今年の初クルージングは快適なままに終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »