« いつだったか!空を飛んだ。 | トップページ | ついてない! »

2006年4月30日 (日)

着いたところは。。

途中多少揺れはしたものの機内サービスも無事終り狭いエコノミーの椅子からずれ落ちもせず、夕食なるものを食して間もなく、朝食を出され(おなかいっぱいだよ)残ったパンをポケットにいれ、7時間30分の飛行は無事終了した。

Pink 着いたのはここです。
あー眠い!睡眠不足は初日から二日目の午前中を夢うつつのまま終わった。
朝からかなりうるさい!見るとホテルの隣で建て替え工事中だ!ついてない。
何かとついてない事の多い渡航である。

初めから飛ばし過ぎた。結構食べたり飲んだり買ったりしていた。

おー金がない。
今日から食事制限に入る。南国に来たせいか気が緩んだ上、財布の紐も緩んだようだ。

女房がイルカに触りたいというので、イルカと遊ぶ(遊ばれる?)ツアーを申し込む。

朝、10時のお迎えが来た。現地に着くまでの道すがら、海沿いの道路を軽快に走る。おっ、鯨が潮を吹いた。マカプウ岬近くを走行中の時だった。ザトウ鯨の見納めの頃だという。

さて、現地に着いた。

早速チェックインしイルカの居るおっきな池に向かった。参加者の人数に驚いた!案内には10名限定なので早めに申し込むようにと急かしていたが、なんとざっと数えても40人は居る。Dolphin

1ランク上のアトラクションも同じ池で行うようだかこちらも40人は居るようだ。

イルカたちがジャンプして出迎えてくれる。輪になって待つ参加者の内側を背泳しながら泳ぎ回る、人々はイルカのお腹に触っている。尻尾で水面を叩いたり、あっちとこっちのアトラクションを掛け持ちしているイルカもいる。

Dolphin2 女房にチューしてくれたりしている。なんともおりこうなイルカたちだ。ペットにしたいと思ったのは僕だけだろうか?このイルカたちを見ているだけで不思議と微笑んでしまう。

ホントだったら狭いプールではなくあの紺碧の海で自由に泳ぎたいだろうな?と思った。

何が幸せなのだろう。自由?

でもここに居ればご飯の心配は要らない。

でも、いつかは大海で自由に生きたいと思うのではないだろうか?賢いイルカたちは考えているかも知れない。そんな事を考えていたらアトラクションが終了の時を迎えた。
その後、昼飯を食べイルカやアシカやペンギンのショーを見てちょっと疑問を残しながらこの場を後にした。

|
|

« いつだったか!空を飛んだ。 | トップページ | ついてない! »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157712/9833117

この記事へのトラックバック一覧です: 着いたところは。。:

« いつだったか!空を飛んだ。 | トップページ | ついてない! »