« 友人の挙式に参列 | トップページ | 義理の母 オーストラリアへ行く »

2006年5月 8日 (月)

シミュレーター ではないのだ!

宙に浮いた。

飛んでいる!飛行している。非行ではないぞ!
とうとう自分の操縦で空を飛んだ。
Honoluluair1  セスナを操縦した。

 あー。緊張した。
 フライトシミュレーターのそれとまるで違う感覚を味わった。

 「はい、操縦桿を引いてください」
 教官の指示に素直に従う。
 機体は大空へ向かって飛び立った。

Honoluluair2  なんという景色だろう。何度となくここを訪れてはいたがこんな風景は初めての景観だ。
ワイキキの街を眼下に見ながら、更には遠く紺碧の海の広がりを見ることが出来た。

操縦桿を静かに右に回すと、機体は東に進路を変えた。
ハナウマ湾を左に見ながら機体は少し左に旋回する。
次のポイントはマカプゥ岬だ。

Honoluluair21  マカプゥ岬を回りコオラウ山脈の尾根に向かいながら山と山の切れ目をワイキキ方面に進入する。

 遠く街並みが見えてきた。アロハタワーを確認した後、右に旋回し最終アプローチに向かう。前方には真珠湾が見えている。

 「右の滑走路に着陸して下さい」

「了解しました」と言うもののランディングは離陸の
何十倍も難しいのは分かっている。教官は涼しい
顔(実際は見えなかったが)でそんなことを言う。

Honoluluair22  眼下にホノルル空港を見ながら左に大きく旋回し着陸態勢に入った。

緊張。。

 フラップなどの操作は教官が行っているので、ランディング時の忙しい操作は無かったのですんなり着陸できた。

 いやー。うれしいの一言。後部座席では女房が写真を取り続けてくれた。

Honoluluair23 これが、約45分間操縦したセスナです。

僕にとって最高の一日でした。

あーまた、乗りてぇー。。。

|
|

« 友人の挙式に参列 | トップページ | 義理の母 オーストラリアへ行く »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157712/9962207

この記事へのトラックバック一覧です: シミュレーター ではないのだ!:

« 友人の挙式に参列 | トップページ | 義理の母 オーストラリアへ行く »