« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月31日 (月)

晴れた。

朝から肌寒い。

夜降り続いた雨は上がったが・・・。どんよりとした曇り空だ。
今日のセーリングは中止だな。。。
それでも港へ向かう道を走り始めた。
まだ梅雨が明けないのだ。

港に着いて仲間としばし歓談していた。風も無い。
暫くして東から風が吹いてきた。少しずつ風力が増してきた。
どれくらい時間が過ぎただろう、東の空に青空がのぞかせた。
「いけるかも」
晴れてきた!天気予報は外れた。。。

よし、もやいを解こう。
東に向けて出航した。

Mahansi Nabe 波は多少あったが、あれだけ空を覆っていた雲は西に流れた。東の空は青空が広がって「夏」がやってきた。

この島、亀に似てませんか?
見る方角でこんな風に見えます。
ガメラが泳いでいるよう。

この海でまれに海がめを見ることもある。
スナメリやイルカも姿を見せる。
今日はまだ海の仲間は姿を現さない。

さらに沖に艇を走らせる。艇速は6.5ノット。このまま走ればハワイだ!なんて冗談も飛び出していた。

Oki 180
こんなに良い天気になるなんて奇跡的だ。

予報によると雨が降るという。ところが雨などどこにも降る気配が無い。こんなこともあるのだと思う。

連日、雨の予報は当たっていたがこの日ばかりは予報が外れた。
梅雨明けも近いのだろうか?

少し沖合いで海上保安庁の船とすれ違った。とても大きい船だ。遭難してお世話にならないようにしたいと肝にめいじる。Jcgpl06

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月29日 (土)

海中散歩

海中だ!

たまに海の中をのぞきたくなる。潜水など出来やしないし、近くの海の透明度は悪い。とても自力では海の中を見ることができない。そんな願いを叶えてくれるところがある。
水族館だ!
3
沿岸の様子を再現したコーナーでは釣ったことのある魚たちを目にすることができる。とても見ることのできない。というか近海には生息しない魚や生き物を見ることができる。おっきな水槽にイルカの親子が食事中だった。餌付けの体験などもやれるらしい。
Dolfin

       巨大ななまず?

Sealion Akusyu_1

アシカのショーをやっていた。合間にアシカと握手大会!があり子供たちが大勢並んでいたが、一生懸命握手するアシカがとてもかわいい。

魚たちは休むことなく泳ぎまわっている。なぜか同じ方向を向いている。

2 1

Pool Kurage

魚だけではない。こんな顔した(どこかヨーダ似)のカエルがいた。じっとして動かない。しかし動かない。捕食時は動くのか?庭先のアマガエルの動きはこのカエルには当てはまらない。Kaeru

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月24日 (月)

よし!温泉だ。

1日中雨の予報。

朝から雨ダス・・・と言うことで今日のスケジュールは日帰り温泉に決定。
さてどこに行こうかと迷うが、今回は日帰り天然温泉家から車で40分のところに決定。女房は既に温泉セットをバッグに詰めてお出かけ準備OKのサイン。ぶどうと美味しい水を持って出発です。雨は本降り、気温も20度そこそこ。まさに温泉日和なり。そうそう美味しい水はつい最近宅配の水を女房のリクエストで購入したもの。サーバー付きでいつでも冷たい水を飲むことができる。少し前の暑い日々が続いたときはとても売れ行きが良かったが、このところ涼しい日が続いているのでタンクの水はあまり減らずにいる。

さて、雨の中のドライブは渋滞につかまり低速走行が続く。いつもより時間がかかり目的地に到着。雨のせいかお客さんは少ない。というわけでいい場所を確保できた。
温泉に入り、お昼ご飯を食べて、昼寝。のパターンは相変わらず。今日もお決まりのフルコースとなる。

露天風呂に入って真っ先に目に飛び込んだものは、蛙だった・・・湯船に浮かんでいる。雨の中、元気に飛んだ先が温泉の中だったのだろう。既に息絶えていた。そっーと湯船から出してあげた。蛙には温泉のお湯が熱すぎたのだろう。
雨の中タオルを頭に載せて露天風呂を楽しんだ。
昼時、ノンアルコールビールと鳥の軟骨揚げを注文した。これもここではいつものメニュー。その後ラーメンを食すと共に睡魔が襲う。
気が付いてあたりを見渡すとほとんどの人が眠っている。寝心地が良い条件が揃ったのだろうか。

こうして日帰り温泉のメニューが消化された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月22日 (土)

梅雨明けはまだか!

今日も雨。。。

全国的に雨模様。雨の模様って「水玉模様」だろうか?
恵の雨もひとつ間違えると災害の源になる。
日照不足も付随して稲の生育にも影響が出ているようだ。
我家の畑?ではプチトマトが赤く実を結んでいる。
きゅうりは毎日収穫してまるかじりが日課だ。
Puti2_1 きゅうりの成長の早さには驚きっぱなし。あっと言う間に大きくなる。とても食べきれないので近所に配ったりする。プチトマトやさやえんどう、なすとピーマンが食卓を飾る毎日だ!
スイカも芽を出しているが実を結ぶかどうか?昨年は直径20センチくらいに育ったが結局オブジェとして飾ったが食べることはなかった。スイカは難しい。

それにしても暫く太陽を見ていない。
一時の暑さはどこに行ったのだろう!ここ2、3日は寒いくらいだ。そろそろ梅雨明して欲しいと願うが週間予報は芳しくない。
これじゃぁ、海で泳ぐこともできやしない! うーむ、もともと泳げないのだが。
雨降りは猫も外出の足を止める。窓越しに外を眺める日が続く。
Hanako5_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月13日 (木)

暑い・・・

夏だ!

梅雨明けを控えてジメジメした天気が続いているが、「暑い!」。。。
なんたる暑さだ!
じっとしていても汗が流れる。こんなに暑いのはもう夏?が来たかと思うほどだ。お陰で野菜の育つスピードが速い早い。たった二株のきゅうりは毎日収穫できている。

     Kyuri_1Puti_1

プチトマトは成長著しくその丈はゆうに2メートルを超えている。たわわに実ったプチトマトの重さに耐えられず枝分かれしたところから次々に折れている。しょうがないので紐で吊ってあげた。こんなに実を結んだことはここ暫く無い。
豊作だ。

ひまわりの成長も目を見張る。葉がどんどん大きくなる。どこまで大きくなるのか?楽しみでもある。

それにしても暑い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月 3日 (月)

天体観測ドーム

壊れた。。。

3年近くかけて作った手作りの天体観測ドームの一部が破損した。
完成してから5年の月日が過ぎていた。メンテナンスといえば屋根(ドーム)部分の塗装くらいで足りていた。
今回の破損はドームの窓(スリット)をスライドさせて開けるためのドームに這わせたアルミ製のレールだ。

下地の木製枠が水の浸透で腐ったのかも知れない。ビス止めの部分がめくれ上がっている。なんとも見たくない光景だ。いづれにしてもこの状態ではスリットを開けることができないので修理しなければ・・・。なかなかその元気が無いんだよねぇー。
そんなことは言っていられない。木星の観望会を控えている。木星は待ってはくれない。急がないと。

と思いつつ修理の道具は揃ったものの観測所に行く時間を割くことができないでいる。この梅雨が邪魔をしていると言ってもいい。夜空に月があるうちになんとかしようと思う。
まぁ一日もあれば修復は可能なくらいの破損だから。

まもなく七夕。今年の願い事は「晴れの夜を多くして欲しい」ってところでしょうか!天体観望を趣味としている人は昼間はどうであれ、夜の晴天を望んでいるんですね。ハワイのマウナケア山頂は標高の高さゆえ常に雲は眼下にあるらしく、晴天の確率が抜きん出ていいらしい。一度、この山に登ってみたいものだ。

マウナケア山頂には世界各国の天体観測所が建ち並ぶ。我が日本の世界に誇る「すばる望遠鏡」もここにある。前に、このすばる望遠鏡の製作プロジェクトの三神氏が真山天体観測所にお出でになったことがある。
手作りの観測ドームには感心していただいたが、小さい望遠鏡だね。と言われた・・。そりゃ、すばる望遠鏡の反射鏡に比べたら極々小さい望遠鏡だよな!なんて思ったことがある。でも僕らにはこれくらいの望遠鏡で十分だと思う。
みんなで観望会をやれるように、ドームは多少大きめに作ったつもりだ、直径4.4メートルは決して小さいドームでは無いと思っている。(写真はHPをご覧ください。)http://www.mayama-dome.com

さぁ、梅雨の中休みを見計らって観測所の修理に出かけよう!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »