« 晴れた。 | トップページ | 夏の暑さを吹き飛ばす »

2006年8月 5日 (土)

木星観望会

梅雨が明けた!

梅雨の雨は多すぎた。しとしとと降る雨を望んでいたが大降りとなった。
そんな梅雨も明け、やっと夏になったようだ。
早速、星見のお誘いがあり望遠鏡を携えて遠征した。ホームグラウンドではドームが故障し使用不能になっていたので携帯用の望遠鏡の久々の出動だ。
朝から晴れの良い天気。今晩は絶好の星見日和だと朝から喜んでいた。
参加するお子様も10名近くになり、総勢20人弱くらいになった。とてもいい加減な数字だが、暗いせいもあり人数を数えることもしなかった。

観望場所に着くなり望遠鏡のセッティングに取りかかる。早く見たいと子供が覗き込む。まだ見えないよ!と言いながら数分でセットは完了!!まずは木星を視野に入れた。
生憎うす雲がかかっており本体の詳細は確認できないものの2本の縞ははっきり見えた。
060804

次に半月を二日ほど過ぎた月を視野に入れた。
相変わらずの月だが望遠鏡を覗き込んだ人たちはその明るさに驚き、月のクレーター群にも驚いていた様子だった。
星座や星の名前の質問に答えながら、夏休みの自由研究の課題を少しお手伝いした。



三等星が何とか見えるコンディションであり予定していた人工衛星の光跡を確認するに至らず、光害がさらに進んでいると感じた。必要のない明かりは消すべきだと思う。エネルギーの温存も兼ねて。でも物騒な夜道に防犯灯の必要性も理解できる。世の中に犯罪が無くなればそんな防犯灯や街灯も無くすことが出来るのにと思う。真っ暗な夜は星の明るさだけでも十分歩けるようになるはずだ。
幼少の頃、町の中でも天の川を見た記憶がある。小学校の頃までは星野写真も撮れてたなぁ。。。
集まった子供たちの何人かには、これからは星見を趣味としてもらいたいものだ。いつか街の明かりの影響を受けない満天の星空を体験してもらえれば、ここで見た星の数がすべてでは無いと理解してもらえるだろうし、光害を無くすことを応援してもらえるかも知れないし、しいては犯罪のない世界をつくりあげるかも知れないしねっ!。宇宙飛行士が誕生してもいいよな!!

|
|

« 晴れた。 | トップページ | 夏の暑さを吹き飛ばす »

天体観望」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157712/11275948

この記事へのトラックバック一覧です: 木星観望会:

« 晴れた。 | トップページ | 夏の暑さを吹き飛ばす »