« 人工衛星 | トップページ | 温泉のさらなる癒し »

2006年10月23日 (月)

温泉の犬

紅葉はまだだった。061022_3

紅葉を控えた山を見ながら青根温泉を目指した。

湯船に浸かりながら山を一望できる

ロケーションが気に入った温泉に着いた。

ここには白い大きいワンコがいる。

何ヶ月か前に来た時、広い敷地にも関わら

ず、短い鎖に繋がれてろくに動けない状態のワンコがかわいそうになり、

「鎖を長くするなり云々・・」と意見を述べてきたことがあった。

そのせいかどうか定かでないが 0610222_8広い敷地の一角に

ワンコ専用の大きな囲いが作られていた。

今日のワンコは心なしか穏やかな表情をして

いたように見えた。

  やれやれ。

http://www.mayama-dome.com

|
|

« 人工衛星 | トップページ | 温泉のさらなる癒し »

ペット」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

グレートピレニーズだと思う。
きれいにしてあげると真っ白でフワフワになるんだけどなあ。
超大型犬のくせに、神経質なワンコが多いようです。

鎖からの解放。いいことしたね。

投稿: じげぱぱ | 2006年10月23日 (月) 21時48分

はい。とても大きなワンコでして、はじめの内、女房は怖がって撫でることも出来ませんでした。

そーですね。ブラッシングは何日かに数回?
ここの温泉、少人数で忙しそうなので・・・。

でも飼い主はワンコは好きなようです。

投稿: 家主 | 2006年10月23日 (月) 22時01分

>「鎖を長くするなり云々・・」と意見を述べてきたことがあった。
よくぞ!と感心しました。
近所でも老犬がもうほとんど自力で歩けないのに、それでも鎖に繋いでいて。
近所の手前もあるのならせめて軽い紐にして欲しい、と思ってはいるものの近所なので逆に言い難くく。
それと、いつも子犬から飼う割には成犬になる前にいつしか居なくなってる同地区の家とか(なのに同時期に飼った猫はまだいる)。
隣の家で昔買っていた黒いダックス(昔のタイプの)が、日が暮れてから悲しそうに鳴いていたんです。
母親と懐中電灯を持って様子を見に行ったら、庭木にからまっていてそれを助けてあげたりとか。その家は共働きで夜遅くまでワンコを外に放置っぱなしでした。結局長生きはしなかった様子で。
近所がゆえに意見できないっていうのが多々ありました。

投稿: しおしお | 2006年10月23日 (月) 23時16分

昔、犬は放し飼いしていても良かった。
犬が嫌いだったり、遊びたいと思い小さい子に近づき、怖がられたり。
そんなことが重なっていつしか放し飼いもダメになったんですね。
でも、繋いでおくだけで遊んでやらず(番犬だと言い張る)運動もさせない。
そんな状況がストレスを呼びその結果無駄吠えや人を咬むとかするのです。
飼う人が飼い方を知っていればそんなことは起こらないんですけどねぇ。。。

投稿: 家主 | 2006年10月24日 (火) 17時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157712/12382213

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉の犬:

« 人工衛星 | トップページ | 温泉のさらなる癒し »