« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月28日 (木)

リラックス

リラックスこのお口、好きなんだよなぁ。。。


リラックス

ハナコが散歩から帰ってくると決まって、おんちゃんの胸に載っておやすみします。

今日もリラックス!

冷えた体しばらくを暖めると、とっととベッドに行ってしまう。

ちょっと淋しい。

| | コメント (0)
|

2008年2月16日 (土)

あーびっくりした!

余程怖い目に逢ったんだな。

最近、雄猫が近所に来ているらしい。

ハナコは相性が悪いらしく警戒していたのだが・・・

接近遭遇してしまった。

あー、尻尾がぁー

「タヌキのしっぽ」になってしまい、一目散に帰ってきてお母さんに抱っこした。

H0214

| | コメント (0)
|

2008年2月13日 (水)

鍋ネコ・・・むずかしい。。。

村長さんのコメントを受けて、やってみよう!

ってことで、土鍋を用意した。

うーmm。

ハナコおっきい。いや、うちの土鍋が小さいか?

ハナコを無理やり土鍋に入れたが、すぐに出た。

しょうがないので鍋とハナコのツーショット!

H0213

| | コメント (2)
|

2008年2月11日 (月)

ねんねこんこん

お気に入りの場所で寝てしまった。

体が大きくなって、狭くなったところでも

大好きなところ。

H0210
高いところは安心して寝てられるんだろう。

それにしても「足」「手」共にきたないなぁ。

自由に外に出てるんでしょうがないけど、少しは掃除して欲しいな。

| | コメント (2)
|

2008年2月 9日 (土)

疑問に思った、宇宙からの帰還

何度目の打ち上げだろう。

スペースシャトルが飛び立った。

昔、人を初めて月に連れて行ったアポロ宇宙船。

アポロが計画された背景は別にして世界的なニュースになり

宇宙飛行士になりたいと思った人もたくさんいたに違いない。

そしてアポロ13号。

映画にもなった大きな事故が13号を襲った。

しかし彼らは無事、地球に帰還した。

良かった。

そこで、いつも宇宙から帰還する宇宙船のことを考えていた。

アポロに限らずスペースシャトルもソユーズも。

発射台から発射されるロケットをテレビカメラが追う。

スピードはそれなりに速い。帰還の時より遅いとは思うが、

宇宙空間に達するまで追尾できている。

地球を周回するスペースシャトルや多くの人工衛星は

夜にその姿を地上から容易に確認することができる。

でも、帰還時に大気圏突入の時、約3分間交信できなくなる。

それは良いとして、なぜ周回する宇宙船を地上から確認できるのに

大気圏突入時の宇宙船を捕らえることができないのか?

スピードが速いから。?

大気との摩擦で火の玉になって大気圏を飛行する

おそらくとても明るく輝いているのだろう

そんな姿を何故見えないのか?

そんな疑問がいまだに頭の中を埋めている。

毛利さんに聞いてみようか!

| | コメント (2)
|

2008年2月 8日 (金)

青根温泉の露天風呂

雪をまとった山が近づいてくる

少しづつ標高が高くなっていく

Aonehe_2
とても冷たい空気があふれているが車の中は常夏?

暖房の効きすぎ!

車はすべるように走る、走る

逸る心を抑えながら、しかしアクセルを踏む足に力が入る

ビューン。と音はしないがそんな走りをしていたに違いない。

Aone2_2
林を貫く真っ直ぐな道を快適に走る。

この時期、雪の無い山道は珍しい?

温暖化の影響はここにも?

それにしても良い天気だった。

抜けるような青い空をバックに露天風呂に入ることができた。

100%源泉かけ流しの贅沢な温泉だ。

Aone
(手前に露出を合わせたもんで、青い空が飛んでます)

この露天風呂、目の前に大きな桜の木があります。

桜の季節には花見しながら温泉に入れます。

混むだろうなぁ?

風呂の中ほどに見える「木」を枕に「寝湯」するんだ。

足は前方に放り出す。

でも寒くてすぐに足は湯船に滑り込んだ。

自然の中の露天風呂には野鳥たちもやってくる。

熊も来るかな?

| | コメント (2)
|

2008年2月 7日 (木)

昔、乗ったのに似ている

メインエントランスだ!

Fune

今は一回り大きくなった「飛鳥Ⅱ」

こんな感じのエントランスになったようだ。

初代「飛鳥」のにもこんなところがあった。

船体の姿に惚れていた。

整った姿は海の上に浮かぶ白鳥のようだった。

仙台港から出航して北海道、東北の海を見て

寄港する港々では地元の踊りなどで歓迎され

見送られた。

いつかは世界一周を夢にたが、奥さんが言った!

「海ばかり見てるのつまんない。飽きるー!」

そうかも知れないな。

でも、どこまでも続く青い海、満天の星空は洋上でなければ

体験できない光景なんだけどな。

あーそうそう。ここは名取のエアリなんだよね。

そんなこと思い出してベンチで休んでいた。

歩き回るの疲れたよー!

  奥さんは買い物だと元気だ。

  ジャスコより三越の果物屋さんの野菜が安いらしいよ!

| | コメント (2)
|

2008年2月 2日 (土)

微力だが...



昨年の11月までは飼われていたらしい。

1月の雪の降る日、ここで捨てられた猫たちに毎日ご飯を与えているおばさんと出会った。

猫たちの健康状態も把握してるおばさん。雨の日も、たとえ台風であっても、朝と夕方にご飯を持ってくる。

「心配だし、この子だち待ってっから」と。

おばさんが来ると猫たちが集まってくる。

名前もつけてるようだ。

えさ代は年金暮らしの彼女には負担だ!
今までに募金を集めて何匹もの猫の避妊をしてきた。
猫が好きなんだろうけど、なんでここまでするのか?

「なにがいいごどあっぺがら」

そうなって欲しいと思った。

「引き取ってくれるといいんだげっとねぇ」

たまに訪れる猫好きな人たちも欲しいと言うが連れて行ってはくれないらしい。

捨てるのは人間だ、猫には罪はない。そうだよな!そう思い巡らしていたら、おばさん。
具合の悪い猫を病院に連れて行きたいという。
急を要する病気だとダメだなと思い。僕の車を救急車にした。

おばさんに抱かれた猫は終始おとなしかった。
診察代高かったら払えないと気にしていたおばさん。

「先生、注射代まけてけだ」

診察代も取らず試供品だったが大量のキャトフードをくれた!

以前、おばさんの五匹の猫たちがお世話になってる先生らしいが、野良化した猫をなんとかしたいと避妊手術代もとても安くしてくれるという。

そんな獣医さんもいるんだな。

写真の猫、しゃがんでいた僕の足に載ってきた。
人恋しいんだなぁ。

「来たばりだがら、冬越せっかわがんねなぁ」おばさんが言う!

………。

うちにはハナコが居るしなぁ。

………。

「命つないでけられっといいんだげっとなぁ」

おばさんの言葉は重く、僕の心に響き渡った。

  雪の降る寒い日。

       そして今、このトラさんは実家で暮らしている。

| | コメント (2)
|

2008年2月 1日 (金)

笑えた!

孫からの電話らしい。

「おみやげすか!  饅頭でいいが!」

「なぬぅ。ジーエスすっ?」

   グループサウンズではないな!

「ビーエスっす?なんだべ!」

   衛星放送でもないな!

「ばーちゃんわがんねがら、かーちゃんにきげ。

 でーえすっすが?」

   おそらくDS。いわゆるニンテンドーのゲーム機のことだろう。

  「祖父とってなんだべ?」

    「ソフトすか?」

   すかさず隣にいた友人と見られるばあちゃんが言った。

     「アイスだべおん」

ほのぼのとした午後のひととき。

ばあちゃんと孫とばあちゃんのお友達が繰り広げたお笑いねた。

ゲームの「ソフト」でつまづいた。

ソフトの名前を伝えるまでに至ったか。。。

孫はゲームソフトを手にすることができただろか知る由も無い。

| | コメント (0)
|

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »