« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

ラベンダー満開

見ごろを迎えたラベンダー!

周りはラベンダーの香りでいっぱいになっている。

今年は昨年に増して花の量も香りも多いような気がする。

これもいずれは里山に移植する予定のもの。

あまり大きくならないうちにと思うが。

ここが寂しくなりそうなので。

もう少しここで咲いていて。

Rb

| | コメント (0)
|

2008年6月29日 (日)

ナイトフィッシング in 七ヶ浜

メバルに会いたかった。

Sさんとメバった!

田代でポッパーに絡んでくるメバルに会えない憂さを晴らすべく

ホームポートでやってみた。

うーん。ダメみたいだ。

Sさんはのっけから快調に飛ばしている。

おっきいのをかけている。

思わず周りに居た釣り人が感嘆の声を発する。

「うまいねやぁ」「メバル居だんだねや!」

そして釣り人は釣り方を教わろうと、Sさんのキャスティングに釘付け!

そんな光景を見ながら僕のポッパーは空振りが続く。

で、ワームに換えたらやっとキターッ。。。。

Meba2

約13センチメンタルだぁー。

その後活性が上がったようだとSさん。

ポッパー復活で何投目かでヒットした!

ギュイーンと竿がしなった。

その後はすんなり足元に寄せることが出来た。

あの臭いやつか?

頭を過ぎった。

で、引き抜くのをためらっていたら。

逃げられた。

鯔ではない。法螺でもない。

  フッコか?

うーん。暗くてわかんなーい。

楽しい時間は早く過ぎるものだ。

あっという間に10時を回った。

ここでも楽しめるなぁ。

静かな入り江のメバリングは快適な環境が居心地を良くしてくれる。

そう思いながら次回はいつ?いつ?いつ?

| | コメント (4)
|

NORYS COFFEE 再び

二つ目をいただいた。

うん。

ブラジル ハニーショコラ

これもうまい。

個人的には浅煎りがいいかも。

Noryscoffee2

  NORYS COFFEEのお問い合わせは
    コメント欄または、こちらまで

| | コメント (2)
|

2008年6月28日 (土)

アウトバーン

20キロオーバーで検挙されると、うーん罰金いくら?

高速道路と一般道路では罰金の額違うかな?

そんなことない、一緒だ。
でも、50キロ規制の道路と、100キロの道路での20キロオーバーでは、高速道路の方が危険だから罰金も高くても良いのかなぁ。

なんて話をしていたら、奥さんが
「高速道路って捕まらないんじゃないの」って。

「高速で走っていいんでしょ。」

真顔でそう言ってきた!
やれやれ。

アウトバーンでないんだから。

| | コメント (0)
|

虫、無視!

いろんなのが居たんだなぁ。

今まで無視していた。

小さい虫たち。

カブトムシやクワガタムシなんかは大歓迎だが。

Musi4

虫の名前は分からない。

紙きり虫っぽいけど違うな。

Musi3

この虫は。。。。

いろんなのが居るもんだ。

Musi2

とんぼ。だな・・・

尻尾からなんか出てる。

Musi1

これって???

カエルだったかなぁ。

里山には見たことのないものがいっぱいある。

無視しないで見てみよう。

| | コメント (0)
|

旬の魚たち

魚屋さんで見た。

アイナメ約40センチ、まるまると太った刺身用。

コチ約40センチ超え、刺身用。

いずれも1200円前後。

ススギたった二切れ、刺身用。

なんと2000円。

うーん、釣らねばなるまい。

| | コメント (0)
|

2008年6月27日 (金)

里山の沢で見たもの

うっそうとした未開の地。

なんて大げさだけど、

なかなか沢に降りることが少ない。

なにせ険しく急な崖を降りるので億劫なのだ。

ここに降りたのは5、6年前だろうか?

Sawa1

今の季節は広葉樹の葉っぱが太陽の光をさえぎり、暑い日もここは涼しい。

ごく少量の湧き水が冷たい。

ワサビなんかを栽培できないかな。

藤のつるが大蛇のように木に巻きついていた。

しだ類の群生も見られる。

少し怖いのはマムシの存在。

幸いにまだ遭遇していない。

Sawa3

この林には妖精が住んでいると思われることがあった。

何年かまえに林の中で写した写真に写っていたもの。

おそらく水滴かなんかの反射だと思って放っておいた。

何枚かにそれが映し出されていた。

  今回も写った。

  同じアングルの写真にはそれは無かった。

  それは

Sawa2 

中ほどにひとつ。

  後方にひとつ。

     よく見るともっとある。

水滴だろうか?

  何だろう。

| | コメント (0)
|

2008年6月26日 (木)

何者かが里山に

引っかき傷を発見した。

里山の住居棟の柱にくっきりと。

何度も引っかいたような傷跡。

まるで猫の爪とぎ跡のよう。

でも猫ではない。

傷の高さ、高いところ(○で囲んだのが手?の大きさ)で1メートルある。

Sato

高さからして熊ではない。

猫でもない。

あと、思いつく動物は。。。ハクビシン。狸。狐。

狐は爪とぎするのかなぁ。

これだけ引っかいたってことは爪の破片が落ちているかも知れない。

丸く囲んだのが爪あとがはっきりしていたところのクローズアップ。

かなり鋭い爪のようだ。

監視カメラでも設置しようかな。

| | コメント (2)
|

2008年6月25日 (水)

NORYS COFFEE

友人の焙煎するコーヒー。

これを飲んでから「モ○カフェ」や「キ○コーヒー」とかのドリップコーヒーが飲めなくなった。

自家焙煎で焼きかたもお好み次第。

今回は二種類のコーヒーをテイスティング。

封を開くとコーヒーの香りが部屋中に広がる。

約2杯分の豆をひく。

さらにいい香りが漂う。

Noryscoffee1

一杯入れるのは難しいといわれ、二杯分を入れている。

なかなかいい感じだ。

   うん。うまい。

今日飲んだのはブラジルの浅煎り。

少し酸味が強いかなぁ。

    「NORYSCOFFEEのお問い合わせは

       コメント欄または、こちらまで

| | コメント (0)
|

2008年6月24日 (火)

年に一度。 そんな時期が来た。

上架した。

年に一度の船底のメンテナンス。

海に浮かべているだけで貝類、フジツボや海草が付く。

付きにくくするために船底に自己研磨剤を塗る。

以前は鉛入りの船底塗装が主流で毒で付着を阻止していた。

が、しかし環境に与える影響も多大であり、今は環境にやさしいものが使われている。

腐蝕を防ぐためにバラストキールを数年前にFRPで覆った。

なかなかきれいな状態を保っている。

Zyoka3
        古い塗料を剥がした状態

今回も黒く塗る。

その他不具合も散見されるのでまとめてメンテする。

メンハリの調子が悪い、ウインデックスも寿命のようだ。

エンジンオイルから冷却系等の防食亜鉛の交換、などなど。

水は200ℓ満タンで下架する。

Zyoka2

来年は北海道一周の旅に出るかもしれないのでメンテナンスにも力を入れなければ。

塩竃港を出て金華山をかわし、進路は北へ。

一日約40NMから50NM のデイランになるだろう。

寄航地ごとに観光しながらの、のんびりクルージングだから数ヶ月を要するだろう。

Zyoka1

僕らはサポート役になるから寄港地から次の寄航地までのショートクルーズに参加しようと思う。

| | コメント (0)
|

2008年6月23日 (月)

雨の日は・・・

つまんない。

外で遊びたいのに。

つまんない。

H6

ハナコのつぶやき。

| | コメント (0)
|

2008年6月22日 (日)

松島の島に上陸した

日本三景松島は観光シーズン真っ盛り。

湾内の島々を廻る遊覧船も大小様々あるが

大きいのは13ノットものスピードで大まかに名所を辿っている。

小さいのは謂れのある小さい島までくまなく案内してくれる。

どちらを選んでも松島の良い所は観光できるが、

島に上陸するツアーはなかなか無いようだ。

時間の制約もあるだろうし、見るもの感動を得られるかどうか。

歴史を紐解く解説者も居ないようだし。

そんな松島の島々は八百を数えると云われているが、

そんなに無い。

人の住んでいる島は四島。

その中のひとつに上陸した。

Per2

外海は南風を受けて波があったが、湾内はさすがに静かだ。

時折観光船や定期船、釣り船や漁船の曳き波を受ける程度だ。

天気も手伝って、島の散策にはとても気持ちのいい日になった。

Per3

港には大きな看板が目に入る。

「東北自然道(新奥の細道)環境庁・宮城県」と書いてある。

新奥の細道とな!

芭蕉がこの島に上陸したかは定かでないが、松島を詠った俳句はとても有名だし

古のロマンを感じつつ松島を散策するっていいかも知れない。

ぜひ、松島にお出での際は、島に上陸してほしいものだな。

ここ野々島の海水浴場は外海にも面していて水はきれいだし、

少し奥に引っ込んでいるので大きな波も立たない。

安心して泳げる?海水浴場なのかもね。

プライベートビーチ?的な雰囲気もGOODだな。

端の方では釣りも出来そうだし、お父さんはあの辺にビーチパラソルなんか立てて陣取ればいいな。

Per5

ただ、離島ゆえ、定期船で行くことになるので帰りのチケットも事前準備しないと帰れなくなるかもね。

時間に余裕があればぜひ宿泊してみたい。

民宿で出される海の幸は新鮮だし、ゆっくり流れる時間を贅沢に使うことができる。

夜はメバルなんかも釣れるしね。

今年の夏休みは離島で決まり!かな?

島をさら東へ行くと学校がある。

その先は隣の島。

海を渡ってね!

約1時間のコースもゆっくり歩くと普段はお目に掛かれないものを発見できる。

Per4

案内看板もあるし、迷うことも無い。

コンビには無いからある程度の食料は持参しないとだめだね。

ゴミ箱は無いので思い出と一緒に持ち帰りしましょ。

潮風をいっぱい吸いながら歩くと、不思議と風邪を寄せ付けないような気がする。

心地よい南風を受けて帰路に着いた。

いよいよ今年も海と遊ぶ季節がやってきたんだなぁ。。。

Per1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年6月21日 (土)

まるで真夏

まるで真夏

あづいっす!

汗、したたり落ちて、

シャツ水浸し。

さらに仕事場がこんな山奥。

コンビニも無い。

体が干からびそう。

少しは痩せたかな?

| | コメント (4)
|

2008年6月19日 (木)

里山の風景

星を見るために天体観測ドームに上る

なので夜。

外の景色は満天の星空。

なので畑の様子を上から見たことがない。

こんな風に見える。

なかなかいい感じだ。

Sato33

畑にはジャガイモ二種。サツマイモ。スイカ。かぼちゃ。にんにく。

なんとか豆。落花生。いちご。などなど

Sato29

ハーブを植える区画も遠くに見える。

地震の被害状況を確認に行ってドームの掃除を終えた時

写した二コマ。

地震により壊れたものは無かったが、上にあったものがすべて落ちていた。

幸い望遠鏡も倒れずにいた。

Sato40

| | コメント (2)
|

2008年6月18日 (水)

いちご

里山のイチゴいろいろ。

やっと食えた。

いちご。

Sato41_2

なんとかイチゴ。

昨年、苗を買って植えたもの。

これはワイルドベリー。

とても小さいイチゴ。とてもすっぱい。

Sato38

ジャムなんかに良いらしい。

野生のイチゴ。

木苺。

結構甘かった。

あまり多くを食するとおなかを壊すそうだ。

Sato39

| | コメント (0)
|

2008年6月17日 (火)

里山は花盛り

花はたくさん咲いていたが今まであまり気に留めていなかった。

畑にも花が咲いているがそれもあまり気に留めていなかった。

改めて見てみると結構きれいな花があるものだ。

Sato31

Sato34

Sato36

そしてこれ!

ジャガイモの花。

で、次は食虫植物らしい。

Sato32

そろそろ山百合も咲くころ。

| | コメント (2)
|

2008年6月16日 (月)

庭の花たち

今年も咲いた。ピンクの花。

小さい庭がにぎやかになる季節になった。

F1

F2

F3

この花、夜になると花びらを閉じるんだ。 

朝になると開いてるんだけど。

照度計が付いてるんだべな。

| | コメント (0)
|

2008年6月15日 (日)

地震だ。。。。。

8時43分、車を運転中だった。

ラジオから緊急地震速報・・・

あーっ、宮城県沖地震が来たか!

あれから30年。6月12日のあの地震が再びか!

       いや、違った。

道路は波打ち、電柱は暴れていた。

この地震で仕事は中止!

気がかりなところに電話するがなかなかつながらず!

家族、親戚の安否。友達に安否の確認。

母は電車の中で3時間缶詰状態だった。

地震直後、携帯メールは送受信できた。

時間が経つにつれそれもままならない。

携帯は30回に一度コールするがなかなかつながらない。

       そういえば、無線機のスイッチ入れるの忘れてた。

moon2sun

一夜明け、とても気がかり。無人の観測所。

里山の望遠鏡が気がかりだ。

掘っ建て小屋も数棟あるし。

震源にめちゃ近い。

行ってきます!soon

hospital

岩手・宮城内陸地震で被災された方々にお見舞い申し上げます。

| | コメント (4)
|

2008年6月14日 (土)

梅酒でも造っか

豊作の兆し!

いっぱい実が付いた。

収穫が楽しみ~。

Sato26_3

でも、梅酒の造り方知らねぇや。。。

| | コメント (2)
|

2008年6月13日 (金)

眠いのよ!

毎晩夜な夜な出かけては朝帰り。

そりゃぁ眠いでしょ。

H5

この牙でかかってこられたらビビるな。

| | コメント (0)
|

2008年6月12日 (木)

今朝はコレ

今朝はコレ

クーポン使わないと損した気分。

クーポン当たり前って感じる今日この頃。

コーヒーもおかわり出来る。

だからSサイズを注文すればいいと思うけど。

Mサイズ注文してる人っているかなぁ?

店を出る時は、ちゃっかりコーヒーをお持ち帰り。

| | コメント (0)
|

2008年6月11日 (水)

里山の畑

トラクタの出動であっという間に土起こしが終わった。

さすが機械のなせる業。

Sato20

さすらいの赤いトラクタはいたる所が故障しているが

今日もいい仕事をした。

Sato21

今年はこいつが耕した畑にスイカの苗が整列した。

昨年、雑草に守られながらあと少しで収穫!までこぎつけた所を

現地の小動物なら兎も角、盗人に持って行かれた。

とても悲しい思いをしたので今年は対策を立てる事にした。

Sato22

まぁ、たまにしか行かない里山は管理するにも遠すぎて。。。

イチゴの保護対策はやってみた。

効果あるかどうかはわかならいけど。

Sato25

この上にネットを掛けてっと。

梅雨ももうすぐなので畑にはアマガエルを目にするようになった。

まだ、これくらいのカエルだったら触れるが、

がまガエルとか牛ガエルとか触れない。

Sato23

草刈は来るたびにやる。

とてもスッキリしたところで次の作業に取り掛かる計画がある。

ここをグランドカバーで覆うって言うんだ。

友達が。。。

その候補を移植したら一輪咲いていた。

がんばって増殖してね。

Sato19

Sato24

| | コメント (0)
|

2008年6月10日 (火)

ハナコ爆睡中

とても気持ち良さそうに寝ていた。

ちょっとツンツンしたら動いた。

H2

H3

H4

また熟睡。

夕方になるまで寝てるんです。

完全に夜行性になってしまったようだ。

| | コメント (0)
|

小さいお客様

小さいお客様
おそらく捨てられたんだろう。

たぶん、そのショックで声が出ないんだろう。

きっと、「来たよ」って言ってる。
…か細い声で。

とても馴つっこいオレンジにゃん。

また、ご飯食べにおいでね。

| | コメント (0)
|

2008年6月 8日 (日)

バスツアー

バスツアーに行きたいと言う。

奥さん、やっとシーバス釣りに行く気になったか。

やったね!

「違う、ちがう。観光バス温泉ツアーだでば!」

なーんだ。

「行く、行く」

近場の日帰り温泉は何度となく出かけていた。

せいぜい片道2時間以内の近場だ。

遠くまで運転しての日帰り温泉だと、癒されるどころか疲労が蓄積されるだけ。

なので、遠くの温泉に日帰りで出かけるのは今日が初めて!

運転の心配が無い日帰り温泉ツアーに参加した。

朝から奥さんそわそわ!

リュックを背負って「これでいい?」

遠足に行く子供と一緒だな。はしゃいでいる。

6時10分!リュックを背負って仙台駅まで電車でGO!

朝ごはんは駅のそば。二人で一杯のかけそばをいただいた。

集合場所に集まった癒されたい?ご一行様はほとんどがご年配。

僕たちが一番若いか?! と辺りを見回したら、いたいた、若い人。

癒されたいんだべなぁ。。。

01tamagawa21
癒しのバスツアーは大型バス二台を満席にして仙台駅を7時30分定刻に出発した。

バスの中では添乗のお姉さんが定番の注意事項と温泉の説明。

目的地まで約4時間のバスの旅が始まった。

01tamagawa3
泉インターから東北自動車道を北上し秋田の山の中へ。

前沢パーキングでトイレ休憩。

牛がおいしいところだけあって、パーキング内でも"前沢牛"が食べられる。

01tamagawa22
前沢牛のねぎま750円なり!

高いか安いか判断できず。

約15分のトイレタイムの後バスに戻る。

ん!奥さん、迷わず隣のバスに向かっている。

「こっちだぞ!」

「えー、こっちのバスきれいだから、桜が」って、どういう基準だ!

運転手さんから「間違わないようにね」って声掛けられ、

ご年配の乗客から「若いのにねぇ」なんて言われた。

「若いのにボケてんです」

ボケ若人を乗せて和やかにバスの旅はまだまだ続く。

01tamagawa4
八幡平のまだ雪の残る峠を越え秋田県に入ってしばらく行った。

  着いた!

時計の針は12時を指していた。

そそくさと昼ごはんを食べ岩盤浴へ向かう。

01tamagawa6
途中、温泉が湧き出ている場所を見ながらさらに歩く。

『この先、危険』のたて看板。硫化水素でも噴出しているのだろう。

01tamagawa9
そこにはテントが三張りあり、中でござを敷いて横になる。だが、満員!

仕方ないので露天で岩盤浴だ。あちこち蒸気が噴出している。

まわりの岩は結構熱い。寝返りをうたないと低温火傷になるらしい。

01tamagawa7
生憎、小雨が落ちてきて岩盤浴は30分ほどで切り上げた。

内風呂は源泉100%と50%の浴槽がある。

さすがに濃いほうは強烈な刺激。

虫刺されの傷がヒリヒリする。

これで治ればいいのだが。

かなり広いお風呂は観光バス2台分の人を飲み込んでも、

まだまだ余裕があった。

   こんな建物を発見。

   FG42がこちらを向いているようで少し怖かった。

   01tamagawa20

帰路は田沢湖経由だ。

天然記念物の秋田犬に会った。

ハチとゴンという。とてもおとなしいワンだ。て言うか、観光客にうんざり

しているかのよう。まだ一歳だというのに愛嬌を表面化してくれない。

01tamagawa15

01tamagawa13

01tamagawa14
ムツゴロウ先生風ナデナデしようと思ったが、人目が気になり出来なかった。

比内鶏も見た。

うーん。にわとりだった。

奥さんはこういった場所に決して長居はしない。

次から次と移動する。

「めんこいワンコだね」って振り向くと既にそこには居ない。

あっちで手を振っている。試食コーナーを制覇した様子だ!やれやれ。

片手には比内鶏の串焼きを持っている。

「ハツだよ!比内鶏数少ないんだって!最後の一本だよ」

心臓一個しかないのが五個も、うーん希少価値なんだべな。

最後の一本に負けて買っちゃったな。でも、ほとんど僕のおなかの中へ。

ホントに比内鶏だかなんだか判らなかったが、結構脂っこい気がした。

01tamagawa17

振り返るとそこに田沢湖。

しーんと静まりかえっている。

静かな湖面を目にし辰子姫の物語が脳裏をかすめた。

大学生の時来た以来だなぁ。辰子姫たちと一緒に。

01tazawako16

  ここで見つけた洗面所。

  結構でかい。

  で、こんな張り紙が、、、、、

  01tamagawa12

  もうひとつ。

  注釈が無ければ、なんだか判らない。

  こんなの、、、、、

  01tamagawa11_2

おなかもいっぱいになり睡魔が襲ってきた。

でも、寝れる。

やっぱ良いよな、自分で運転しないのは。とても気が楽だ。

一路仙台を目指しバスは走り始めた。

今頃になって青空が顔を出した。

今回はオプションでお弁当を付けてみた。

電車で旅行の駅弁のイメージで。

だが、しかし、かかし。

昼の弁当はもう二度と巡りあいたくない。そう思った。

夕食はこれ!

01tamagawa19
まぁ、良いんじゃない?

値段はというとはっきり言って高い!

現地調達の方が良かった。

「まわりの人たちが食べているのに、私たちにお弁当無いのかわいそう」

と言うことで頼んだお弁当。

回りはというと、ほとんどが現地調達。旅慣れてるのかもね。

まぁ、これも経験。授業料ってことで。

01tamagawa18

盛岡南から東北自動車道に載ったバスは最後のトイレタイムを前沢パーキングで済ませたころ、既に太陽はお休みモードに突入していた。

あと少しで仙台。

とっくに飽きてしまった奥さんは次の旅行先を物色し始めていた。

01tamagawa2

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年6月 3日 (火)

メバルに会いに

日が暮れた。

メバルに会いに新港へ行ってきた。

風は殆ど無い。

漁港内の海面はべた状態。

7時30分釣行開始 びゅっ ぽちゃん

うーん当たりがない。10投ほど投げた。

前回と同じポイントへ移動。。。

10投ほど投げた。

。。。

やっは。足元でのヒットなんだべな!

で、足元で八の字を書いてたら、来た!

ビュン、ビュンって曳いた。メバルだ!

今日もニャンにあげようと振り向けどそこにニャンはいない。

二尾目をと同じように八の字を書いた。ビューン、グイグイ。

あっ、シーバスかな!   脳裏をよぎる。

竿は安物の振り出し竿。

  ナイロン8ポンドのライン。

    もちろん針はメバル用。  絶えられるか?

あっちこっちに引っ張られるものの寄せた。

    心配するまでも無かった。

で、引き上げたらではなかった。

猫もまたぐというお魚。

Oogai1_2

ある程度ずっしりとした重さを感じて満足。

小雨が落ちてきたので8時10分撤収。

リリースする時、後で整列していたニャンたちに気づかなかった。

欲しかったのかなぁ。

でも「猫またぎ」次回はメバルをプレゼントするよ。

| | コメント (4)
|

2008年6月 1日 (日)

ハーブ畑計画 その後

雑草に負けないやつをと、ミントを選んだ。

ペパーミント。スペアミント。レモンバームも加えた。

さすがに強いようで確実に勢力を伸ばしている。

領土拡張作戦が展開されている様子を見るのが楽しみになっている。

弱そうなやつには少し手を加えた。

マルチだ。

これで雑草の侵略を阻止できそう。

Sato17_3

ワイルドストロベリーと名の付く以上、さぞワイルドなんだろうと思っていた。

がしかし雑草に侵略され全滅したことがあった。

今回は大丈夫だろう。

でも原住民の小動物対策もやらないと、食われてしまうだろうな。

| | コメント (0)
|

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »