« メバルに会いに | トップページ | 小さいお客様 »

2008年6月 8日 (日)

バスツアー

バスツアーに行きたいと言う。

奥さん、やっとシーバス釣りに行く気になったか。

やったね!

「違う、ちがう。観光バス温泉ツアーだでば!」

なーんだ。

「行く、行く」

近場の日帰り温泉は何度となく出かけていた。

せいぜい片道2時間以内の近場だ。

遠くまで運転しての日帰り温泉だと、癒されるどころか疲労が蓄積されるだけ。

なので、遠くの温泉に日帰りで出かけるのは今日が初めて!

運転の心配が無い日帰り温泉ツアーに参加した。

朝から奥さんそわそわ!

リュックを背負って「これでいい?」

遠足に行く子供と一緒だな。はしゃいでいる。

6時10分!リュックを背負って仙台駅まで電車でGO!

朝ごはんは駅のそば。二人で一杯のかけそばをいただいた。

集合場所に集まった癒されたい?ご一行様はほとんどがご年配。

僕たちが一番若いか?! と辺りを見回したら、いたいた、若い人。

癒されたいんだべなぁ。。。

01tamagawa21
癒しのバスツアーは大型バス二台を満席にして仙台駅を7時30分定刻に出発した。

バスの中では添乗のお姉さんが定番の注意事項と温泉の説明。

目的地まで約4時間のバスの旅が始まった。

01tamagawa3
泉インターから東北自動車道を北上し秋田の山の中へ。

前沢パーキングでトイレ休憩。

牛がおいしいところだけあって、パーキング内でも"前沢牛"が食べられる。

01tamagawa22
前沢牛のねぎま750円なり!

高いか安いか判断できず。

約15分のトイレタイムの後バスに戻る。

ん!奥さん、迷わず隣のバスに向かっている。

「こっちだぞ!」

「えー、こっちのバスきれいだから、桜が」って、どういう基準だ!

運転手さんから「間違わないようにね」って声掛けられ、

ご年配の乗客から「若いのにねぇ」なんて言われた。

「若いのにボケてんです」

ボケ若人を乗せて和やかにバスの旅はまだまだ続く。

01tamagawa4
八幡平のまだ雪の残る峠を越え秋田県に入ってしばらく行った。

  着いた!

時計の針は12時を指していた。

そそくさと昼ごはんを食べ岩盤浴へ向かう。

01tamagawa6
途中、温泉が湧き出ている場所を見ながらさらに歩く。

『この先、危険』のたて看板。硫化水素でも噴出しているのだろう。

01tamagawa9
そこにはテントが三張りあり、中でござを敷いて横になる。だが、満員!

仕方ないので露天で岩盤浴だ。あちこち蒸気が噴出している。

まわりの岩は結構熱い。寝返りをうたないと低温火傷になるらしい。

01tamagawa7
生憎、小雨が落ちてきて岩盤浴は30分ほどで切り上げた。

内風呂は源泉100%と50%の浴槽がある。

さすがに濃いほうは強烈な刺激。

虫刺されの傷がヒリヒリする。

これで治ればいいのだが。

かなり広いお風呂は観光バス2台分の人を飲み込んでも、

まだまだ余裕があった。

   こんな建物を発見。

   FG42がこちらを向いているようで少し怖かった。

   01tamagawa20

帰路は田沢湖経由だ。

天然記念物の秋田犬に会った。

ハチとゴンという。とてもおとなしいワンだ。て言うか、観光客にうんざり

しているかのよう。まだ一歳だというのに愛嬌を表面化してくれない。

01tamagawa15

01tamagawa13

01tamagawa14
ムツゴロウ先生風ナデナデしようと思ったが、人目が気になり出来なかった。

比内鶏も見た。

うーん。にわとりだった。

奥さんはこういった場所に決して長居はしない。

次から次と移動する。

「めんこいワンコだね」って振り向くと既にそこには居ない。

あっちで手を振っている。試食コーナーを制覇した様子だ!やれやれ。

片手には比内鶏の串焼きを持っている。

「ハツだよ!比内鶏数少ないんだって!最後の一本だよ」

心臓一個しかないのが五個も、うーん希少価値なんだべな。

最後の一本に負けて買っちゃったな。でも、ほとんど僕のおなかの中へ。

ホントに比内鶏だかなんだか判らなかったが、結構脂っこい気がした。

01tamagawa17

振り返るとそこに田沢湖。

しーんと静まりかえっている。

静かな湖面を目にし辰子姫の物語が脳裏をかすめた。

大学生の時来た以来だなぁ。辰子姫たちと一緒に。

01tazawako16

  ここで見つけた洗面所。

  結構でかい。

  で、こんな張り紙が、、、、、

  01tamagawa12

  もうひとつ。

  注釈が無ければ、なんだか判らない。

  こんなの、、、、、

  01tamagawa11_2

おなかもいっぱいになり睡魔が襲ってきた。

でも、寝れる。

やっぱ良いよな、自分で運転しないのは。とても気が楽だ。

一路仙台を目指しバスは走り始めた。

今頃になって青空が顔を出した。

今回はオプションでお弁当を付けてみた。

電車で旅行の駅弁のイメージで。

だが、しかし、かかし。

昼の弁当はもう二度と巡りあいたくない。そう思った。

夕食はこれ!

01tamagawa19
まぁ、良いんじゃない?

値段はというとはっきり言って高い!

現地調達の方が良かった。

「まわりの人たちが食べているのに、私たちにお弁当無いのかわいそう」

と言うことで頼んだお弁当。

回りはというと、ほとんどが現地調達。旅慣れてるのかもね。

まぁ、これも経験。授業料ってことで。

01tamagawa18

盛岡南から東北自動車道に載ったバスは最後のトイレタイムを前沢パーキングで済ませたころ、既に太陽はお休みモードに突入していた。

あと少しで仙台。

とっくに飽きてしまった奥さんは次の旅行先を物色し始めていた。

01tamagawa2

|
|

« メバルに会いに | トップページ | 小さいお客様 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ラインメタルですか・・・・

竜子の像の脚には触れましたか?

投稿: 樹 :~~ | 2008年6月 9日 (月) 01時29分

辰子姫がいるところには行きませんでした。

投稿: 樹 :〜〜さんへ | 2008年6月 9日 (月) 06時16分

懐かしの風景〇川温泉ですねぇぇぇ。私が通っていた15年位前は観光バスはほとんど来なくって。 駐車場でみんなキャンプ。村のようになっていました。毎年同じ時期に来るので皆友達。目的は…。
その当時は混浴で、まだ若かった?私は目のやり場に困ったものです。

投稿: BooBoo | 2008年6月 9日 (月) 06時20分

えぇぇぇ、混浴だったんですか!

今はしっかり区画されてました。

前に行った時は付き添いだったものでお風呂には

入らず仕舞でした。

投稿: BooBooさんへ | 2008年6月 9日 (月) 07時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157712/41444459

この記事へのトラックバック一覧です: バスツアー:

« メバルに会いに | トップページ | 小さいお客様 »