« 何者かが里山に | トップページ | 旬の魚たち »

2008年6月27日 (金)

里山の沢で見たもの

うっそうとした未開の地。

なんて大げさだけど、

なかなか沢に降りることが少ない。

なにせ険しく急な崖を降りるので億劫なのだ。

ここに降りたのは5、6年前だろうか?

Sawa1

今の季節は広葉樹の葉っぱが太陽の光をさえぎり、暑い日もここは涼しい。

ごく少量の湧き水が冷たい。

ワサビなんかを栽培できないかな。

藤のつるが大蛇のように木に巻きついていた。

しだ類の群生も見られる。

少し怖いのはマムシの存在。

幸いにまだ遭遇していない。

Sawa3

この林には妖精が住んでいると思われることがあった。

何年かまえに林の中で写した写真に写っていたもの。

おそらく水滴かなんかの反射だと思って放っておいた。

何枚かにそれが映し出されていた。

  今回も写った。

  同じアングルの写真にはそれは無かった。

  それは

Sawa2 

中ほどにひとつ。

  後方にひとつ。

     よく見るともっとある。

水滴だろうか?

  何だろう。

|
|

« 何者かが里山に | トップページ | 旬の魚たち »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何者かが里山に | トップページ | 旬の魚たち »