« まるで真夏 | トップページ | 雨の日は・・・ »

2008年6月22日 (日)

松島の島に上陸した

日本三景松島は観光シーズン真っ盛り。

湾内の島々を廻る遊覧船も大小様々あるが

大きいのは13ノットものスピードで大まかに名所を辿っている。

小さいのは謂れのある小さい島までくまなく案内してくれる。

どちらを選んでも松島の良い所は観光できるが、

島に上陸するツアーはなかなか無いようだ。

時間の制約もあるだろうし、見るもの感動を得られるかどうか。

歴史を紐解く解説者も居ないようだし。

そんな松島の島々は八百を数えると云われているが、

そんなに無い。

人の住んでいる島は四島。

その中のひとつに上陸した。

Per2

外海は南風を受けて波があったが、湾内はさすがに静かだ。

時折観光船や定期船、釣り船や漁船の曳き波を受ける程度だ。

天気も手伝って、島の散策にはとても気持ちのいい日になった。

Per3

港には大きな看板が目に入る。

「東北自然道(新奥の細道)環境庁・宮城県」と書いてある。

新奥の細道とな!

芭蕉がこの島に上陸したかは定かでないが、松島を詠った俳句はとても有名だし

古のロマンを感じつつ松島を散策するっていいかも知れない。

ぜひ、松島にお出での際は、島に上陸してほしいものだな。

ここ野々島の海水浴場は外海にも面していて水はきれいだし、

少し奥に引っ込んでいるので大きな波も立たない。

安心して泳げる?海水浴場なのかもね。

プライベートビーチ?的な雰囲気もGOODだな。

端の方では釣りも出来そうだし、お父さんはあの辺にビーチパラソルなんか立てて陣取ればいいな。

Per5

ただ、離島ゆえ、定期船で行くことになるので帰りのチケットも事前準備しないと帰れなくなるかもね。

時間に余裕があればぜひ宿泊してみたい。

民宿で出される海の幸は新鮮だし、ゆっくり流れる時間を贅沢に使うことができる。

夜はメバルなんかも釣れるしね。

今年の夏休みは離島で決まり!かな?

島をさら東へ行くと学校がある。

その先は隣の島。

海を渡ってね!

約1時間のコースもゆっくり歩くと普段はお目に掛かれないものを発見できる。

Per4

案内看板もあるし、迷うことも無い。

コンビには無いからある程度の食料は持参しないとだめだね。

ゴミ箱は無いので思い出と一緒に持ち帰りしましょ。

潮風をいっぱい吸いながら歩くと、不思議と風邪を寄せ付けないような気がする。

心地よい南風を受けて帰路に着いた。

いよいよ今年も海と遊ぶ季節がやってきたんだなぁ。。。

Per1

|
|

« まるで真夏 | トップページ | 雨の日は・・・ »

季節」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157712/41452736

この記事へのトラックバック一覧です: 松島の島に上陸した:

« まるで真夏 | トップページ | 雨の日は・・・ »