« 観測準備 | トップページ | 和菓子でお茶 »

2008年11月24日 (月)

冬篭りの準備で里山へ 

里山は一気に冷えた。

夏の間活躍した井戸のポンプも休養の季節になる。

地下を這う井戸水の通り道も凍結から守らなければならない。

Sato80

今年最後の収穫はサツマイモだったが

まだ掘り起こせていない畝が一本!

もう、凍みてるだろうな。

Sato83

来春の子育てをここでして!

と思い巣箱をかけた。

数年前、桜の木に営巣したヒヨドリの巣を

ハナコさんが卵ごと落としたことがあった。

つがいのヒヨドリはとても長い時間

巣のあった桜の周りを飛んでいた。

ハナコはおんちゃんに怒られ、篠竹の林に入り込み、

日が暮れてもそこを動かなかった。

反省していたのか。単に怒ったおんちゃんが怖かったのか。

巣箱はある意味安全かも知れない。

でも、人の手が入ったものを野鳥は使ってくれるのだろうか。

いずれ年が明けてからの楽しみだ。

ちなみに今回の巣箱はヤマガラ、エガラ、シジュウカラなど用。

Sato81

観測小屋のメンテナンスは中途半端に終えた。

畑の作業が中心となり手が回らなかった。

将来のメンテナンスのためにドームのスカートにはFRPを施していないので劣化が激しい。

まめにペンキを塗ればいいものを朽ちるまで放っておくのが常だ。

来年こそはドーム共々全塗装しよう。

Sato82

季節風は半端じゃない力でドームに押し寄せる。

最近、西側の林が伐採され、さらに風当たりが強くなった。

とても都合の良い防風林だったのだが、地主が土地を売ったようだ。

木を切り、土取り場になるらしい。

土や砂埃がドームを襲うことになる。

困ったものだ。

中にある望遠鏡は埃の類に弱い。

今まで以上に風対策を施すことになる。

ただ、西側の見晴らしは良くなるだろうな。

栗駒山も見えるかも知れない。

Sato79

http://homepage2.nifty.com/mayama-dome/

|
|

« 観測準備 | トップページ | 和菓子でお茶 »

季節」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157712/43207877

この記事へのトラックバック一覧です: 冬篭りの準備で里山へ :

« 観測準備 | トップページ | 和菓子でお茶 »