« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

今日は独りじゃない

今日は独りじゃない

話し相手がいた方が楽しい。

久しぶりに後輩と飲みに出た。

話し半分、かなり酔いがまわったようだ。

水分補給と思い飲みすぎたのかも。

血の気が多いと感じていた今日この頃。

ってことで飲む前に献血してきた。

あの400CCはきっと誰かの役に立つだろう。

と願いつつ不足した水分を補給しに行ったんだ。

だって献血したら十分水分摂るようにって言ってたもん。

なんてね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画見たくなった。

映画見たくなった。

そんな衝動が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

独りで居酒屋は…

独りで居酒屋は…

大根サラダはゆうに三人前はある。

頼んでしまったからしょうがない。

食った。

他のメニューは量の少ないのを選んだ。

でも、独りで居酒屋はつまんない。

出張で岩手に来たけど、駅前には居酒屋しかない。

家で独りで夕御飯もヤダけど、うーん、居酒屋はもっと辛いものがある。

チャーハン美味しくないし!

今夜はとっとと寝よう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

田代島の猫たち

半年振りに田代島の猫たちに会った。

やけに肥えている。

Ta21

聞くところによると猫目当てに島を訪れる人たちから貰う餌の量が原因とか。

以前は人気者の猫のクローズアップも無かった。

あるDVDにより田代島の猫が有名になったことで島を訪れる人が増えたんだろう。

田代島の猫たちは漁師のおじさんに新鮮なご飯を貰って生きてきた。

それにプラスしてご飯を貰う。

その結果だろうかメタボな猫が目に付く。

Ta20

島の人たちの声掛けで「餌を与えないで」とお願いがあったのも頷ける。

また、人にうんざりしたのか姿を隠す猫たちも居るとか。

うーん。どうなんだろうこの問題。

「はま屋」さんのブログにあったように島の飼い猫もいっぱい餌を与えられたようで吐いた異の内容物に普段食べてはいけないものが出てきたとか。

悲しいことにそれが原因だったのか死んでしまったという。

実際、猫は吐いていた。

Ta8

吐くときに草を食う。それで吐くんだ。

こんな形跡を何ヶ所かで確認できた。

ご飯を食べられないのはかわいそう。でも田代島の猫たちはちゃんと生きるためのご飯を島の人たちから貰ってる。

だから、島を訪れるゲストはご飯をあげなくてもいいんだ。

Ta7 

でも、慣れっこく寄ってくると何かあげてしまうよな。

1月からジャックの姿が見えないという。

全国的に有名になったジャックも人が嫌いになったのか?

それとも・・・・・

いつか元気に姿を見せて欲しい。

Ta6

http://homepage2.nifty.com/mayama-dome/neko1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーバーナイトフィッシング

友人たちと4人でメバリング大会開催。

誘われた!

今晩行こう!

うーん。血が騒ぐ。

でも急だなぁ。。。

いろんなしがらみを排除しつつひそかに釣行の準備を進める。

んーん。立ちはだかる障害が!

よし!いぐべ!

ということで日も沈む頃、釣具屋さんに向かった。

ラインを新調。ワームも追加。

準備は整った。

いわゆる夜釣り日中は暑いほどだが夜になると寒くなるらしい。

防寒の用意も忘れずにと師匠からメールが届く。

10時過ぎから釣りはじめる。

あっという間に2時間が過ぎた。

ぼちぼち潮も動き出す時間。

釣れ始めた!

入れ食いだぁー!

夜食のホルモン焼きをいただきながらコーヒーもいただく。

天気もまずまず。

星もきれいに見えている。

気が付くと3時。

薄明が始まる時間が近づいていた。

Ona

何匹釣り上げたか覚えていない。

30?40?もしかしてそれ以上?

ただ、大物には巡り会えなかった。

楽しい時間はあっと間に過ぎて行った。

辺りがすっかり明るくなった頃、K君とおんちゃんとは一足先に

漁場を後にした。

次回は梅雨明け後に。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

里山のイチゴ

里山のイチゴ

収穫した。

食べてみた。

甘くなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満開

満開

今年もビンクに染まった花壇。

朝早く開きはじめて夕方には萎む。

なんて規則正しい。

曇りの日は開かないんだよね。

この花が開いたり閉じたりする運動エネルギーを使えないかなぁ。

そんなこと考えてた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »