« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

気分を変えて

気分を変えて

朝から雨。

台風が近づいているらしい。

久しぶりの本格的な雨にワイパーは元気に仕事している。

少々ブレードが疲れてきたようだが。

いつものカフェテリアは雨により室内の席についた。

今日は気分を変えてマグカップにしてもらった。

少しは冷めにくいかな。

朝から涼しいというよりも寒かったんだ。

鼻水が止まらない!

風邪かな?

最高気温は18度。一気に晩秋を想わせるほどだ。

日増しに秋深くなって行くんだな。

| | コメント (0)
|

2009年8月28日 (金)

ビール工場


仙台港辺りまで奥さんとドライブ。

この一年で仙台港周辺は様変わりした。

後背地にショッピングセンターが建ち並びかつての荒廃?地の姿は見当たらない。

ここに松島の水族館が移転する話しも聞かれる。

ますます賑やかになる気配。

港を見渡せる公園の岸壁では秋晴れのもと釣糸を垂らす家族連れがハゼ釣り?

あちこち覗いたあとに辿り着いたのがビール工場。
ビール工場

試飲ができるってことで工場見学した。

ビールの製造行程を順を追って説明を受け工場内を歩くこと約20分、造るとこ見たらあとは飲まなきゃ!
ビール工場

帰りの運転は奥さんに委ねて一番搾りをいただいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年8月24日 (月)

秋の予感

秋の予感

涼しい朝を迎えた。

空は真っ青に晴れ渡りすっかり秋の空。

そう言えば日が暮れるのも早くなった。

昨夜はコオロギの声に誘われてしばらく庭に出ていた。

海からの涼しい風に秋を感じながら沈み行くさそり座を眺めていた。

東の空には秋の星座が姿を見せていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年8月18日 (火)

田代島へ

晴れた。

やっと夏。

いや、積乱雲が見当たらない。

晴れ渡った空にはウロコ雲。

秋じゃないか。

波は穏やか。

途中、スナメリが姿を見せた。

なんて  のほほんと海を眺めていた。

「床上浸水」

「え~~」

ホント、キャビンの床は水浸しだ。

大雨でも降ったか?

なんてのんきなことは言ってられない。

急いで船底を確認。

どこから浸水してるんだ。

とりあえずビルジポンプ起動。

エンジンを回すと浸水するようだ。

エンジンを止めてセール展開。

Per26_2

良い風が入っていた。

5ノットですべる。

Per28

田代島が大きくなってきた。

ここまで約3時間、あと1時間と少しで入港できる。

浸水の原因と場所を特定するまでは落ち着かない。

いずれにしても帰ったら上架しなきゃな。

Per30

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

いつもと違う緊張感の中でのセーリングは気持ちの良いものではない。

http://homepage2.nifty.com/mayama-dome/umi1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年8月15日 (土)

ペルセウス座流星群

12日のピーク時は雲っていた。

そして昨夜も曇りがちの天気。

やっと今夜は快晴の良い天気になった。

何とかペルセ群流星を見ておきたいと輻射点が昇り切った時間に天頂を眺めた。

流れた。ベルセ群流星!

3等星程の明るさでカシオペア付近からからアルビレオ付近まで。

やはり早い速度で駆け抜けた。

ここは街灯りがとても多く流星を見るには条件が悪い。

明日の予定が無ければ里山に居座っただろうな。

久々の流れ星もあっと言う間に消えてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年8月14日 (金)

アウトドアランチ

やっと夏らしい天気に恵まれた。

Sato36

青空が広がり、快晴になった一日。

定番の焼肉大会開催。

里山に集まった仲間と持ち寄りの肉を焼いた。

まずは火熾し。

風は充分にあったがまた扇風機の力を借りる。

Sato47

昨年からこの扇風機に火熾しは任せている。

かなり早い着火を実現できる。

飲み物は井戸水で冷やす。

この中には食後の出番を待つスイカが潜んでいる。

Sato48

11時頃から焼き始め、食べる食べる食べる。

数種類の肉をローテーションで焼く。

Sato44

基本は塩コショー。お好みで焼肉のたれ。

朝ごはんを抜きで参加した男三人。

年甲斐も無く食う食う食う。

あー満腹。

時間は12時を既に回っていた。

まだ食材は豊富だ。

玉ねぎ。長ネギ。なす。アスパラ。採れたてかぼちゃなどなど。

野菜たちはほんのり甘く、素材の味を楽しませてくれた。

こんなのも焼いてみた。

Sato39

まだ脂はのっていなかったが、今年の初物。

それなりに美味しかった。

最後の焼きそばを食べ終えたとき、時計の針は3時を回っていた。

途中インターバルはあったものの11時から食べ続けた。

Sato37

その背景では

ミンミンゼミ。クマゼミ。ニイニイゼミ。アブラゼミの大合唱。

夏!

そのもの風景が広がっていた。

ギラギラの太陽の光ははっきりした影を作っている。

Sato40

ハーブ畑の傍らに咲いた花も元気だ。

ひまわりも負けてはいない。

朝、かぼちゃ畑の中に混在する瓜、スイカ、メロンの中に発見した。

この里山で初めて見るカブトムシだ!

感激!

写真を撮るのを忘れた。

あとで行って見たが既にそこにはカブトムシの姿は無かった。

うーん。残念!

甘いメロンの香りはカブトムシを引きつける力があるんだ。

昨年、シロップを使ったトラップには姿を見せなかった。

Sato45

Sato42

畑から続く雑木林の入り口付近は、風の通り道になっていてとても涼しい。

周りの木々にコントロールされた風がここに集中しているんだろう。

ここから見る風景も夏を感じさせるものだった。

Sato43

収穫の秋までもう少し。

ジャガイモは順調に育っている。

サツマイモも大丈夫だろう。

トウモロコシは。。。発育不十分のうちに夏が終わりそう。

枝豆はこれから実を付けそうだ。

栗は!

Sato41

豊作の兆し。

お月見までに収穫できそうだ。

Sato38

http://homepage2.nifty.com/mayama-dome/satoyama.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年8月11日 (火)

出航できず!

出航できず!

結局梅雨明けは無かった。

夏らしい天気も遠退いている。

立ち並ぶマストがどこか寂しげだ。

| | コメント (0)
|

2009年8月 9日 (日)

梅雨明けは無し?

これだけ雨や曇りの日が続くとあらゆるところにカビが発生しそうだ。

ここ暫く太陽の姿を目にしていない。

里山の作業は今週お休みにした。

どこに行こうか!

天気が悪いせいなのか奥さんも気乗りしないようだ。

結局週末はマックでコーヒーを飲んだだけ。

ハナコも出掛けずに家でゴロゴロしている。

H07

梅雨明け宣言がないままに立秋。

もう秋なんだなぁ。

そういえば蝉も鳴かない。

夕べはスイッチョンが秋を知らせに来た。

こおろぎもそろそろ鳴くのだろうか。

| | コメント (0)
|

2009年8月 3日 (月)

キウィ棚完成

秋のような空が広がった7月最後の土曜日。

梅雨明けしていないのも影響してるのか

入道雲は見当たらない。

それでも夏の花は咲いている。

Sato30

今日はなにやっぺ!

なかなか池の工事にたどり着けないでいながら

今日も池に着手しないようだ。

間伐材を切り出して柱を作り、棚を完成させよう。

というのがひとつの目標になった。

では休憩!

Sato34

作業時間よりも休憩時間が多いのが現状だ。

なので今日は午前6時に里山集合となる。

朝4時起きはさすがに眠い。

雑草に悩みながらほとんどの時間を草刈に要している。

打破したい。

そこで防草シートを手に入れた。

とても安易な考え。

でも、時間ロスをなくしたい。

棚の下に敷いた。

Sato33

これで棚回りの雑草は食い止められる。

西側の柱三本を用意。

梁も三本。

蔓が絡みやすいようにさらに竹で升目を作る。

こんな感じに出来上がった。

Sato32

Sato35

あとはメスのキウィを植えれば実を付けてくれるだろう?

来年のお楽しみだ。

実がなる植物を増やそうと思いながらやっと行動に移すことが出来た。

http://homepage2.nifty.com/mayama-dome/satoyama.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009年8月 2日 (日)

藁の家

秋保温泉から更に西へ→

以前、もう10年以上になる昔、石臼で挽いたコーヒーを

飲ませてくれるお店があった。

奥さんと一緒になった頃に訪れたところだ。

どっか行きたーい。って。。。

海?山?

今回は山にしよう。

車を走らせ現地に到着。まだ早いな。店、開いてないんじゃない?

懐かしい風景が飛び込んだ。

あの頃の風景と少し変わっていたような気がした。

そこに居た。オレンジ猫。

奥さん声を掛ける。

おいでーって声掛けても理解してくれなかったみたいだ。

首輪してるので飼われてるんだ。

この猫、近くの雑貨と本屋さんの猫だとあとで判明。。。

cat

ここは「ゆめの森」。秋保にあるアーティストの里だ。

Yumesato03

おっ、変わった外壁!

近くに行ってみた。

えっ?

建築途中?

(建築途中の水車小屋だった。写真は無い)

珍しい外観に目を奪われた。

すぐ近くに同じ外壁の建物が。

Yumesato07

なんて読むのこれ?

藁(わら)だね!

Yumesato01

秋保 藁の家」と書いてある。

「藁の家」????

三匹の子豚???

何が「藁」なの?

って思ってるおんちゃんをさておき、

奥さんはもう玄関に向かっていた。

早っ!

Yumesato001

「見て良いんだってよー」

「はいはい」

奥さんに遅れること数歩「藁の家」に一歩入った。

おっ!涼しい。

エアコン効いてるなぁ~。

いや、エアコンなど無いのだった。

天井が高いからだべが?

なんて思っていたら藁の家のオーナーから説明を受けた。

外壁が藁なのだ!

へーっ!

素直に驚いた。

そんな風には見えない。

元家関係の仕事をしていたおんちゃんは目を輝かせ

(実際に輝いていたかは定かではない)

オーナーのお話に平静を装いながらも夢中になっていた。

参考書なども見せていただき話を聞いていたおんちゃんは

この工法による家作りに挑戦したい気持ちが湧いてきた。

Yumesato04

断熱性を高める空気層は藁のお陰。

その外壁の厚さはなんと50cmを上回る。

藁のブロックを重ねて並べて外壁を形成する。

その周りは粘土と藁を混ぜて発酵させたいわゆる土壁。

何回か上塗りし厚さは3cm以上。

小さいお子さんたちを含むボランティアの皆さんで外壁を作りあげたって。すごい!

究極のエコ住宅だな。

いずれ土に帰る。って参考書に書いてあった。

頷ける。

中にはアーティスト作の数々を見ることもできる。

販売品もかわいいやつが顔を揃える。

Yumesato02

Yumesato05

そうそう、石臼で挽いたコーヒーを飲みに来たんだ。

脳裏をかすめたとき目入った、小さな石臼!

以前そんなコーヒーをいただいた話をしたら。

14年ほど前でしたか!

向かいの石臼コーヒーのお店はここのオーナーがやってたんだと!

おーっ偶然。

早速、石臼コーヒーと奥さん用に玄米コーヒーを入れていただいた。

懐かしさを憶えながらコーヒーを楽しんだ。

玄米コーヒー!

初めての味に奥さんも興味を抱く。

作り方を聞いていた奥さん。

私には無理!と

ようは、めんどくさいんだね。

おんちゃんが作ってあげよう。

ここでは音楽アーティストによるコンサートも開かれている。

最近、小室等さんが来たそうだ。

毎月最終土曜日にも定例のコンサートがある。

お盆にはこれ↓

Yumesato06

時間調整できれば行ってみたい。

10数年をタイムスリップした一日だった。

梅雨の中、久しぶりに良い天気になった夏の日。

もう梅雨明けしてもいいんじゃない?

Satoyama31

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年8月 1日 (土)

野蒜海岸

奥松島から更に東へ

海水浴場があるmist

野蒜海岸はこの夏も海水浴客でいっぱいになるだろう。

梅雨明けはいつだろう。

太平洋高気圧の勢力が弱いらしい。

Umi1

| | コメント (0)
|

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »