« 野蒜海岸 | トップページ | キウィ棚完成 »

2009年8月 2日 (日)

藁の家

秋保温泉から更に西へ→

以前、もう10年以上になる昔、石臼で挽いたコーヒーを

飲ませてくれるお店があった。

奥さんと一緒になった頃に訪れたところだ。

どっか行きたーい。って。。。

海?山?

今回は山にしよう。

車を走らせ現地に到着。まだ早いな。店、開いてないんじゃない?

懐かしい風景が飛び込んだ。

あの頃の風景と少し変わっていたような気がした。

そこに居た。オレンジ猫。

奥さん声を掛ける。

おいでーって声掛けても理解してくれなかったみたいだ。

首輪してるので飼われてるんだ。

この猫、近くの雑貨と本屋さんの猫だとあとで判明。。。

cat

ここは「ゆめの森」。秋保にあるアーティストの里だ。

Yumesato03

おっ、変わった外壁!

近くに行ってみた。

えっ?

建築途中?

(建築途中の水車小屋だった。写真は無い)

珍しい外観に目を奪われた。

すぐ近くに同じ外壁の建物が。

Yumesato07

なんて読むのこれ?

藁(わら)だね!

Yumesato01

秋保 藁の家」と書いてある。

「藁の家」????

三匹の子豚???

何が「藁」なの?

って思ってるおんちゃんをさておき、

奥さんはもう玄関に向かっていた。

早っ!

Yumesato001

「見て良いんだってよー」

「はいはい」

奥さんに遅れること数歩「藁の家」に一歩入った。

おっ!涼しい。

エアコン効いてるなぁ~。

いや、エアコンなど無いのだった。

天井が高いからだべが?

なんて思っていたら藁の家のオーナーから説明を受けた。

外壁が藁なのだ!

へーっ!

素直に驚いた。

そんな風には見えない。

元家関係の仕事をしていたおんちゃんは目を輝かせ

(実際に輝いていたかは定かではない)

オーナーのお話に平静を装いながらも夢中になっていた。

参考書なども見せていただき話を聞いていたおんちゃんは

この工法による家作りに挑戦したい気持ちが湧いてきた。

Yumesato04

断熱性を高める空気層は藁のお陰。

その外壁の厚さはなんと50cmを上回る。

藁のブロックを重ねて並べて外壁を形成する。

その周りは粘土と藁を混ぜて発酵させたいわゆる土壁。

何回か上塗りし厚さは3cm以上。

小さいお子さんたちを含むボランティアの皆さんで外壁を作りあげたって。すごい!

究極のエコ住宅だな。

いずれ土に帰る。って参考書に書いてあった。

頷ける。

中にはアーティスト作の数々を見ることもできる。

販売品もかわいいやつが顔を揃える。

Yumesato02

Yumesato05

そうそう、石臼で挽いたコーヒーを飲みに来たんだ。

脳裏をかすめたとき目入った、小さな石臼!

以前そんなコーヒーをいただいた話をしたら。

14年ほど前でしたか!

向かいの石臼コーヒーのお店はここのオーナーがやってたんだと!

おーっ偶然。

早速、石臼コーヒーと奥さん用に玄米コーヒーを入れていただいた。

懐かしさを憶えながらコーヒーを楽しんだ。

玄米コーヒー!

初めての味に奥さんも興味を抱く。

作り方を聞いていた奥さん。

私には無理!と

ようは、めんどくさいんだね。

おんちゃんが作ってあげよう。

ここでは音楽アーティストによるコンサートも開かれている。

最近、小室等さんが来たそうだ。

毎月最終土曜日にも定例のコンサートがある。

お盆にはこれ↓

Yumesato06

時間調整できれば行ってみたい。

10数年をタイムスリップした一日だった。

梅雨の中、久しぶりに良い天気になった夏の日。

もう梅雨明けしてもいいんじゃない?

Satoyama31

|
|

« 野蒜海岸 | トップページ | キウィ棚完成 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157712/45813074

この記事へのトラックバック一覧です: 藁の家:

« 野蒜海岸 | トップページ | キウィ棚完成 »