« 夢が現実に | トップページ | 雨 »

2011年3月24日 (木)

身元が判明した

津波で行方不明だった叔母が本人だと確認された。

義姉が見つかる前に遺体安置所にいたのだか、変わり果てた姿から本人を特定出来なかった。

遺留品の車の鍵が兄弟が預かっていたスペアキーと一致した。

今は葬祭会館に移され、津波に流される寸前まで一緒に居た義姉の棺と並んでいる。

|
|

« 夢が現実に | トップページ | 雨 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

昨日、檀家さんで第二号の犠牲者が出ました。
同じく名取・・・火葬しないで土葬にして数年のうちに火葬するとのこと・・・

名取の現状をみんなに知ってもらいたいです。
本当に悲惨なところをどうして報道しないのでしょうか?

投稿: しのぶ | 2011年3月24日 (木) 14時45分

悲惨過ぎるのかも知れません。

現地レポートは皆無ですね。

投稿: しのぶさんへ | 2011年3月24日 (木) 16時31分

名取や亘理も大変な状態です
他の地区と同様に被害甚大ですね
衛星写真を見ますと
国道6号線の所まで津波がきています

私の知人も 両親と 孫さんが 未だ
安否確認身元確認出来ないそうです
一見しては判明出来ないと話してました。

投稿: フニックスⅢ | 2011年3月25日 (金) 04時56分

沿岸部は殆んど津波にやられたようですね。

身元がはっきりしないのは水に浸かったていたとか、損傷しているとかが要因なんですね。

投稿: フェニックスさんへ | 2011年3月25日 (金) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夢が現実に | トップページ | 雨 »