« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

夕食の支度

夕食の支度
台風が近づいているらしい。
でもまだ晴れている。
早々と大雨洪水警報が出た。

そんな中でも南寄りの風が気持ちいいのでバルコニーで空を見ていた。

あっ、風が運んできた夕食の献立。

どこかの家で今夜はカレーだ。(^_^)v

カレー食べたいな。

 
うちは…

焼き魚か(^_^;)

| | コメント (0)
|

2012年9月20日 (木)

地底人の来襲か!

地底人の来襲か!
地底人の来襲か!

昨夜、家の前の道路が突然陥没した。

あー、何てことだ(x_x)

覗いてみたら2m四方が空洞だった。


大っきなモグラでも居たのか。


でも、人も車も落ちなくて良かった。
  

| | コメント (2)
|

2012年9月18日 (火)

スイカ


大家さんから差し入れ頂いた(^_^)v

| | コメント (0)
|

2012年9月16日 (日)

熊に襲撃された?

里山の畑のスイカに熊の牙の痕らしいのがあったのが2週間程前。

やはり熊だろう。

里山の基地にはお風呂場とトイレの建物があるが、数年前からコンクリートブロックで造った基礎の隙間にニホンミツバチが営巣している。

12091506
巣の入り口

12091505 
要塞化した日本ミツバチの巣(全景)

12091504
破壊される前の風呂場(南側)

この巣には沢山ハチミツが貯蔵されているに違いない!

そのハチミツの匂いにつられて来たのだろう。

熊は蜂の巣を攻撃したのだ。

バリバリバリ・・・・・。

そんな音がしたかは定かでないが、南側にある蜂の巣の入口付近に手を掛けて壊し始めたのだ。

しかし、要塞と化したニホンミツバチの巣には歯が立たなかった。

12091503
熊の爪痕

12091501
破壊された風呂場(南側)

熊は西側に回り込んだ。

こっちから壊そうと思った。多分(^_^;)

風呂釜と水道管に手を掛けたみたいだ。風呂釜の煙突が外れ、水道管は破壊された。

柱にはくっきり爪の痕が数ヶ所。足の爪痕もあったので登ろうとしたのだろう。

熊は沢伝いに侵入したらしい。獣道も見つけた。

雑草が腰の辺りを超える勢いで伸びているので熊の接近が確認できないと思い、刈払い機のエンジンを始動した。

エンジンが掛かっているうちは熊は接近しないだろう。

この日も暑かったので汗を流しながら草を刈った(>_<)

ふと思った。エンジンが止まったら襲われる。 少し恐くなった。



くまったなあ。いや、困ったなぁ。シャレを言っている場合じゃない。

どんぐりが不作だと聞いていた。暑い夏と降雨が極端に少ない状況は熊たちの餌不足を助長しているのだろう。

熊たちとの共存は願うところだが、この地を生活の場にしている人達にしてみれば招かれざる客であるだろうし、接近遭遇に気を使いながらの生活は緊張の連続だ。

心休まる時も無くなる。

何とか彼らに本来の居住区に帰っても貰えないものだろうか!

彼らにとっての最悪の結果だけは避けたいところだ。

猟友会のお出ましはご遠慮いただきたいな。

熊のプーさんがハチミツなめてる絵は可愛いけどなぁ。

いとこが言ってた。

餌付けして空腹を無くしてあげれば農作物への食害も無くなるしね。

そうだよね。何とかならないものか!

でも、接近遭遇の心配は残るんだろうな。


さて、どうしましょう。

壊れた風呂場の修理。

やることいっぱいの里山での作業。また野良仕事が増えたな(x_x)

| | コメント (2)
|

2012年9月 9日 (日)

ずんだソフト

ずんだソフト
ずんだソフト

お昼ご飯前だったけど、ちょうど長者原SAに着いたので、ちょっと一息。

朝晩涼しくなったと言え、日中はまだまだ暑い。

今日も30℃を超えた。(>_<)

で、これ!

ここの名物を頂く。

うーん、ずんだの香りだ。

甘過ぎず、おんちゃんにはちょうど良い(^_^)/

おいしかった(^_^)v

| | コメント (2)
|

2012年9月 8日 (土)

食欲の秋に

食欲の秋に
昨夜はパスタをご馳走になった。

食べるのに夢中になって写真撮るの忘れた(>_<)


奥さんはデザートでめんこいケーキ食べるためにパスタを残した。

ケーキの誘惑が勝ったんだ(^_^;)

残したパスタはおんちゃんが担当。

まぁいつものことだな。

| | コメント (0)
|

2012年9月 3日 (月)

やはり熊か?

やはり熊か?

最後の2個はネットで覆っておいた。

その上からかじったみたいだ。

犬歯の間は4.5㎝。

外外で6㎝ある。

このロの持ち主は熊さんか?

誰だろう。

| | コメント (2)
|

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »